« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

どんちゃん騒ぎ

地方から戻ってきて近所に引っ越してきた

友だちのうちに行ってきました。

なんと、9年ぶりの再開。

昔はよく飲み歩いてた友だちのひとりなので

今宵もしこたまビールで盛り上がりました。

小学校2年になる息子とDSやったり

酔っ払うと電話魔になる友人が大学時代の友人に

あちこち電話かけまくって大騒ぎ。

でも久しぶりに声がきけた人もいて懐かしい。

昔の友だちってやっぱりいいもんです。

すっかりごちそうさまでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納品!

暑い~

納品ついでに「受胎告知」をみてこようかと

思ったら、17日で終わっちゃってたんですね。

思いっきり勘違いしてて残念。

とはいっても定期のない今、いったん東京方面に出たら

タダでは帰ってきません。

池袋の古代オリエンタル博物館で「ほほえみの考古学展」

みてきました。もうちょっと笑える“笑み”満載かと

思ったのだけど、けっこうまじめでした。

でも日本の埴輪の笑みっていうのはホントに柔らかい。

動作もコミカルでかわいいですね。

その足で銀座の文春画廊へ行って

石田黙展をのぞいてきました。

折原一の「黙の部屋」にちなんだ展示会で

本人がずっといらっしゃいましたね。

フュスリ+ゴヤを暗くしたような怖い絵で

おもしろかった。

Dsc01359

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初物

国産のは高くてなかなか手が出ませんが

久しぶりに買ってみました。

甘くておいしい~

Dsc01358

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大慌て

急に編集者さんから電話がかかってきて

今週末に納品する仕事の前半を

先にもらえませんか~ですと!

慌てて見直し・・・・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計草

今日はにわかピアニスト。

先生のところへ行く途中で珍しい花をみつけました。

親に写真を送って訊いたら、時計草っていうんだって。

真ん中からまた花みたいにめしべ?が開いてる。

おもしろい。それにしても目に眩しいほどの青空。

Dcsa0064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Urban Chill

キャンドルの灯りで怪談落語を、というイベントに

参加してきました。

愛読書「幽」の編集長が後輩の企画とコラボ。

怪談トークと、映画「しゃべれども、しゃべれども」で

太一くんの落語指導をした柳家三三の幽霊落語を二席。

ちょうど今日発売になった「幽」最新号のトップ特集が圓朝なので

演目は「真景累ヶ淵」と「死神」 久しぶりに聴いたな~

電気を消して地球温暖化をストップという、

キャンドルナイトの一環だったらしく

表参道のあちこちでキャンドルを灯してました。

Dsc01357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モネ展

国立新美術館のモネ展にかけこんできました。

平日の昼間だというのにけっこうな人。

土日は入場するにも並ぶんですかね。

カフェにも入れませんでした。

あれだけモネだけ集めた展示会は初めてみたかも。

「睡蓮」以外の作品もとても美しくてすばらしく

ちょっと感動さえ覚えました。

やっぱり「かささぎ」(上左)がよかった。

下左の「ポルト・タヴァルと針岩」はもしかして

ルブランの「奇巌城」でルパンのアジトになったところでは?

Dcsa0063 Dsc01354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それにしても

暑い。夕べは気がついたら床で寝てました。

思わず夜中に秘密兵器の竹マットをごそごそ出しちゃったくらい。

でもまだちっと早くないかい。

すでにぶっ壊れそうな扇風機がフル稼働してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日訳了

我ながら超特急でとりあえず片付けました。

But・・・さてこれからチェック、ページ合わせに入りますが

どの日本語を使うか悩み始めると

きりがないしこれがまた大変。

もちろん29日の納期までには間に合わせますが

なぜか各美術展も会期が7/1とか7/2までが多くて

ムリムリ割り込んで滑り込めるかどうかってとこか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライド・グリーン・トマト

今日のランチシアターは「フライド・グリーン・トマト」

女同士の友情が軸になって人々の心が優しい素敵な映画。

謎めいたところもあって、考えてみればちょっとぞっとする

部分もあるけど、久しぶりにまた観てやっぱりいい映画だと

思った。人間って捨てたもんじゃないじゃんと思わせてくれる。

トマトは昔から嫌いなんだけど、

これなら食べてみたくなるような気分になってくる。

作ってみよ~かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッシェル・ファイファー

また昼間の映画観ちゃいました。

「ディープ・エンド・オブ・オーシャン」というので

大好きだったミッシェルが母親役で出てました。

彼女の映画はけっこうつぶしてたのに

これは完全にノーチェックでしたねえ。

三歳の時、誘拐された息子が9年後に現れて、

家族が揺れ動くという設定なのだけど

やっぱりさすがにうまいな、と思った。

なんだか自然な演技がいい。

この頃出ないけど、どうしてるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいきな奴ら

先日、実家に帰った時に急に読み直したくなって

置いてきたのをかっぱらってきました。

もちろん梅図かずおとか手塚治虫とかは読んでたけど

私メの少女マンガ元年は小学校5年の時、

りぼんに掲載された一条ゆかりセンセの「わらってクイーンベル」

今でもだ~い好き。もちろん「有閑倶楽部」全巻持ってマス。

元はといえば「有閑」の元祖って「こいきな奴ら」じゃない?

金持ち双子にスリと殺し屋っていう設定が

これまた大好きな「ルパン三世」にもかぶってくるし

こういう“超非現実”性に血が踊りますワ。

Dsc01352

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪談

一日10ページノルマで

あと30ページというところまでこぎつけました。

今週半ばには訳了かな。ただそれから先が大変。

この仕事はページ数を調整しなくちゃならなくて

切ったりはったりする作業がけっこう悩ましいのデス。

長編の方もまだ読了してないから、こっちも急がなくちゃ。

それにしても連日晴れてますねえ。

夏、とくれば怪談。わたし的には一年中怪談ですが

あっちこっちでイベントもあるし、またまた楽しみな季節の始まり。

怪談でぞ~っとなって省エネチックに涼をとる、

というのが最初の目的なんでしょうが

それだけじゃなくてやっぱり日本独自の文化だと思うな。

熱いところといったって、アフリカや中近東はまったく違うし、

コワい系といったら元々暗いヨーロッパなんかも

大好きだけど、日本との怪談とはちょっと違う。

それぞれお国柄があってやっぱり怖い系は奥が深い。

ま、怖れっていうのは人間の根源だからでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入り

したんじゃなかったっけ?

なんだか昨日から天気だにゃ。

今朝も抜けるような青空。

久しぶりに走ってきちゃいました。

みせばやの土に何かの卵が産みつけられたらしく

幼虫がいっぱい発生!して根が張れない状態に。

ここ数年大丈夫だったのだけど

4年くらい前にも同じような現象があり、

その時はきゃ~きもわる(><)と、パニクって土を全部捨てて

葉を植え替えたんだけど、何の成虫になるのか

なんだか気になってる。しかも毎年じゃないとこがまた。

で、ムカムカしながら幼虫の写真を撮って

天下の国立科学博物館に問い合わせ中。

なんか珍しい虫だったらそのままにして

巣立ち?まで見守ろうか、なんて考えてますが。

お口直しに近所のアジサイ。右は秋のにせばや。

Dcsa0061

Nec_0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューファッション

うちの子の新しいおべべ。

相変わらずぶかぶかチック。

Dcsa0054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失業者特権?

昨日は友だちと昼真っから

三時間半ぶっ続けでカラオケ。

平日の昼間に行くと安いのねえ~

クイーンのアルバムを大好きな二枚目から

五枚目まで順番通りほぼ全曲完唱。

すご~い充実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うほっ!

ジャンボの当選発表の日。

なんと壱万円が当たった!

これまでの最高額デス。

仏滅の日に地元駅のあんまり売れてなさそうな

売り場で買いました。もしかして穴場?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエルシア関東

株主優待のお買い物券を

お米5キロに換えてもらいました。

うれし~、しあわせ~

ここはずっと勝ってるし永久ホルダーか?

Dsc01351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のお誘い

多くなってきて、行きたいのにじりじりしてるとこ。

ありがたいことです。

頑張って仕事片付けますから、待っててね。

もらった蕗がおいしかったし。

今日作ったインゲンの胡麻和えもおいしかった。

やっぱり国産の野菜の方がおいしい気がするんだけど

もうちょっと安ければなあ。

魚も肉も外国産ばかりの昨今、なんとかならない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西荻てのひら怪談

なんで西東京方面に行ったかというと実はこれが目的。
西荻で京極夏彦、加門七海、東雅夫その他
怪談系作家のトークイベントに参加してきますた。
一般募集した800字以内の優秀怪談作品をとりあげながら
ま、いろいろお話するというもの。
素人作品だけど目のつけどころがおもしろくてなかなか。
人のことは言えないけど、やっぱり怪談好きな人たちって
けっこういるのねえ。あはは。
怪談とか幻想小説とかジャンルの定義なんてもともとなくて
作り手と受け手が作っていくものだ
という京極センセのお話はなるほどと思いました。
おもしろいものはみんなで楽しんじゃおう、という
精神いいねえ。そういうものを見つけたいし、
つくっていきたい。
「幽」の最新号が待ち遠しいで~す。
写真はイベントでもらったカード。

つなげると不気味な絵になり、裏には優秀作品が載ってます。

なかなかおしゃれ。Dsc01350 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿佐ヶ谷

珍しく西東京方面へ。

阿佐ヶ谷で友だちがやっているスペイン料理の店

「ウナ・カシータ・デ・ラナ」でランチしてきました。

オープンしてまだ3ヶ月くらいのできたてほやほや。

阿佐ヶ谷からも南阿佐ヶ谷からも近くて

静かな路地裏にあるこじんまりしたいい店です。

写真はランチですがおいしかったよ。

今度はぜひ夜に行きたい。

Dcsa0046

Dcsa0049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金

市民税・県民税の納付書がきました。

住民税が変わるのは知ってたけど

納税額がすごく増えててびっくり。

さっそく問い合わせたら、退職したので給与控除される

分がごっそり入っていることが判明。

それにしても多すぎるような気がするけどなあ。

しかも控除額も減らされててダブルパンチ。

いつも思うけど、ちゃんと役立ててくれるんなら文句言わないよ。

でもさ、とにかく役所は今信用できないから

一般市民にはわざと複雑でわからないようにして

うまいことごまかされてるような気がしてならない。

だいたい税制が変わりましたって簡単に言ってくれるけど

変えてる張本人たちが人の税金で食ってるくせに

“公僕”意識のまったくない奴らばっかりだから当てにならん。

なまじ収入なんてない方がいいのかもと思っちまう。

所得隠ししたくなる気持ちもよくわかるよ。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついでに信州ドラ

お土産もらいました。

またまたコレクション増。

左からりんごドラ、おこじょドラ。

Dsc01338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当然のことながら

関西系ドラをゲットしてきました。

左から奈良の鹿ドラ、新撰組ドラ、

弁慶ドラ、タイガースドラ。

Dsc01342

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都レポートⅢ

念願の朝のお勤めに参加。

住職さまのお経とお話をたっぷり一時間半。

お話は巷に氾濫する“元気が出る本”によく書いてある

ことなのだけど、どんな逆境にあっても

それをホントに心から思えて、実行できるか、ということが

一番難しいわけですな。人間は弱くて不完全なもの、という

ことを常に肝に命じ、お金、地位、健康など失ってしまう

かもしれないものによる喜びではなく、

“ゆるぎない幸せ”を確立する、のが

真の幸せなのは常々思っていることではあるけれど。

早朝、香の香りの中、静かに

気持ちを落ち着ける、こういうことは宗教に関係なく、

時々は生活の中に取り入れるべきでしょうね。

Dsc01313

宿坊の朝ごはんです。もろ健康食!

今日は妙心寺から比較的近い広隆寺の弥勒菩薩さまを

拝んできました。Dsc01344

正面左から見ると女性的、右から見ると少し男性的。

きれいで穏やかなお顔をした方です。その微笑みで

人々の苦しみを救ってくださるそう。すみませんねえ。

なんともくだらなかったけど太秦の映画村にも行ってみました。

時代劇は好きなので、一度、姐さんになって啖呵きってみたいのよ。

お昼はこれも毎度京都に来ると行っているのだけど

四条河原にある「志る幸」で利休弁当。

残念なことに畳敷きのトイレはなくなってました。

Dsc01334 Dsc01335

午後は錦市場で食べ物漁り。

今回の目的は木村九さんのちりめん山椒。

東京にもたくさん置いてあるけど、

主に写真の小さいサイズDsc01346 しかないので、

どっさり仕入れてきました。

うふふ、幸せ。うまいで~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都レポートⅡ

二日目は京都に来るとなんだか恒例化している

曼殊院参り。ここには十数年前に初めて見て

驚愕した幽霊画が保存されてます。

ところがR・Tさん、

ずっと前に一緒に拝みに来たこのお方、

お預かりしてた滋賀のお寺さんに里帰りしてしまったそう。

いわれはわかりません。たぶん民家にあったものを

悪いことが続くので、お預かりした、というような

経緯ではないでしょうかね。

今回は比較的穏やかな別の幽霊画が二点、

ひっそりと展示されてました。へえ~

今日は暑くて、曼殊院そばの茶屋でDsc01278

さっそくビール+枝豆豆腐+ざる。

この1497というビールは

京都の食に合わせて作った地ビールで

製造樽NO.なんだそうです。おいしかったす。

初めて人力車なるものに乗って

お決まりの銀閣~哲学の道~南禅寺というルート。

裏道を行ったりしてけっこう楽しかった。

俥夫のにいちゃん、重たくてごめんね~ご苦労さんでした。

今夜の宿坊は妙心寺の大心院。 Dsc01315

Jさん、20年くらい前によく行きましたね~

まったく変わってませんでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都レポートⅠ

京都に行ってきました。

ザイラー夫妻というピアノデュオの

京都・胡麻にあるかやぶき音楽堂でのコンサートが目的。

ついでに久しぶりの京都を回っちまおうという魂胆。

6/3の早朝、現地へ向かいました。

胡麻は京都から特急で40分ほどだけど

普段は各駅しか停まらないめちゃめちゃ素朴な田舎駅。

田んぼの畦道を歩くこと20分、音楽堂が見えてきました。

Dsc01248

まじ、こんなとこです。まあなんとものどかな。

プログラムはドヴォルザーク、モーツァルト、

リストなどの小品で、超有名なユーモレスク以外のユーモレスクや

モーツァルトの(らしいと言われている)変奏曲が素敵でした。

ピアノの音の間に鳥や蛙の声が聞こえたりして。

Dsc01240

座布団に座ってお気楽に楽しめて、

合間には夫妻が自身で収穫したお米で作った

おにぎりやケーキなどが出てとってもアットホーム。

まさに晴耕雨奏な生活に豊かな人生だとつくづく思いましたね。

Dsc01254 写真は胡麻駅の胡麻ソフト。

夜は京都の街中、六角堂近くのホテル泊。

ホテルの人におしえてもらったおばんざいの店で

リーズナブルにお夕飯。

京都らしくない「アポロ」という名前の店でしたが

素材を大切にした料理がおいしかったよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンタ

さっそく届きました。

なんと12000円ちょい。安いねえ。

初めてエプソンのプリンタにしてみたけど

コンパクト、きれい、音が静か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは何?

うちの子のあんよ。

20070602_0751_001

予防接種に行ったら

ニャンともスンとも言わないでおとなしく

してたそうです。先生に褒められたけど

なんのことはない本人はただ固まってただけ。

帰り道でギャーギャー騒ぎ始めて吐いてたとか。

なんと申しましょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »