« はらはら | トップページ | フラストレーション »

「怪談」

「怪談」の試写会に行ってきました。

円朝の真景累ヶ淵をベースにした映画で

色や影の使い方が上手で絵みたいな映像でしたね。

それとなんともいえない江戸情緒。

立ち居振る舞いや調度などを見てると

現代みたいにスピーディではないけど

イキな豊かさみたいのを感じます。

女の情念がとりつくストーリーは別に目新しくないけど

落語と同じでオチがわかっていても楽しい。

クラシックの楽譜と同じで、製作者のいろんな解釈が

あっていいのでしょう。

主人公が女と逃げる時、彼女が“だってついてきてるもの”

と言うセリフが一番怖かった・・・・

映画の後で監督の中田秀夫、主演の尾上菊之助、

京極夏彦、平山夢明など怪談作家の

怪談トークがあって、おもしろかった。

怖い系お好きな人たちって、頼もしいねえ。

いつも心に怪談を・・・・です。Dsc01381

|

« はらはら | トップページ | フラストレーション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/15852522

この記事へのトラックバック一覧です: 「怪談」:

« はらはら | トップページ | フラストレーション »