« お米! | トップページ | 刺激されちゃいました »

走ることについて語るときに僕の語ること

珍しく村上春樹の本なんか買ってしまいました。

「ノルウェーの森」も大騒ぎするほどではなかったし、

食わず嫌いなんだけど、この本はなんだか衝動買いしてしまった

あんまり社交的でない著者の内面を初めて垣間見て、

ちっと自分との共通点を感じました。

自分は自分でいいんだよ、競争しなくてもいいんだよ、

本当に大切なことはだいたいはかなく無益に見える

効率の悪い営為を通してしか獲得できないものなんだ、と

走ることを通して体得した著者の言葉に思いっきり頷きました。

しかーし、仕事はどうした?

やってますよ、遅々として。

もう11月も半ば過ぎてしまったので早く軌道に乗せないと

いけないのだけど、いつものごとくスタートがのらなくてだらだら。

こういうところもハルキさんと若干似てるらしい。

この本を読んで、自分のライフスタイルのペースというのが

まだつかめていないということがよくわかりました。

Dsc01464

|

« お米! | トップページ | 刺激されちゃいました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/17101484

この記事へのトラックバック一覧です: 走ることについて語るときに僕の語ること:

« お米! | トップページ | 刺激されちゃいました »