« またしても泣ける! | トップページ | ちょっと早いか »

タロットカード殺人事件

神保町まで歯医者に行ったついでに

「タロットカード殺人事件」を観てきました。

謎解きなんかは二の次で、なんのことはない映画だったけど、

ウディ・アレンらしく会話がおもしろかった。

今月はピアノ系の映画が続いて公開されるので観ちゃいそうです。

夜は「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てしまいました。

設定時代より少し後の生まれだけど、懐かしいものがいっぱい。

オチや筋が読める単純な話で、はまるというほどではないけど

あまりにも殺伐とした今の世の中を考えるとやはりいい話だと思う。

やっぱり人間なんでも満たされちゃうとダメなんだな、ということが

よくわかります。少し飢餓状態の方がなんでも力が出る。

あの頃の日本は物理的にも精神的にもみんな飢えていた。

だから今の世ができる力の源がそこらじゅうにあった。

どっちが幸せなんだかわかんないねえ。

|

« またしても泣ける! | トップページ | ちょっと早いか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/16955996

この記事へのトラックバック一覧です: タロットカード殺人事件:

« またしても泣ける! | トップページ | ちょっと早いか »