« 疲れました | トップページ | おもしろいコンサート »

へんな本

レーモン・クノーの「文体練習」という世にもおかしな本を読みました。

作者は映画「地下鉄のザジ」の原作者ですが、

バスの中で起こった些細な喧嘩の顛末とその張本人を後で

たまたま見かけたという、たわいのない“材料”を99通りもの文体に

料理してみせたもの。関西弁、女子高生風、英語かぶれした人、短歌、漢文、ソネット、

罵倒調、伝聞、農民言葉、老人、女性など、ふざけてるんじゃないかと

思うくらいさまざまなバリエーションで展開されてます。

真面目な文章講座なのかと思ったのに、なんだか妙におもしろい 。

こんな本、初めて読みました。それにしても翻訳?というか、

創作?はさぞ難しかっただろうと恐れ入りました。

Dsc01496

|

« 疲れました | トップページ | おもしろいコンサート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/17260562

この記事へのトラックバック一覧です: へんな本:

« 疲れました | トップページ | おもしろいコンサート »