« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

ヒトラーの贋札

またしてもヨーロッパ映画を。

ナチスの対戦戦略として、強制収容所で

ポンドやドルの贋札を作らされた特殊技能を持つユダヤ人たち。

当然、命令に従わなければ殺されるわけだけど、

死にたくない気持ちと、家族を殺したナチスになぜ協力しなくては

ならないのかというジレンマ。生き延びるためになんとか

ごまかしながら贋札作りを進める彼らのきれいごとでは

済まされない心情がよく表されていました。

ユダヤ人かわいそう主義オンリーで描いていないところが

印象的でした。バックに流れるタンゴがなんとも胸に響きます。

ついでにリューバも見て来ました。ホントにちっちゃいです。

アイスマンが発見された時もわくわくしましたが、

よくぞこんなにちゃんとした形で残っていたと感心しました。

古の時を隔てて何を思う?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また中国?

わざとやってるとしか思えませんね。

冷凍食品に、バイトの年金記録書き写しミス。

昨日、味の素の冷凍ギョウザ食べたんで

一瞬、ギョッとした。

この国はホントにオリンピックなんかできるのかね。

開催地として選んだIOCにも責任あるんじゃないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乱高下?

株の話ではありません。

今朝は血圧が正常値に下がってました。

認めたくないけど薬のせい?

飲み続けなくちゃいけないのかな。やだな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンリー・スレッサー

去年の5月に出た本ですが

仲間内の翻訳者が訳した「最期の言葉」。

キョン2主演で映画にもなった怪盗ルビイの作者

ヘンリー・スレッサーの短編集です。

軽妙でおもしろかった~。

ずっこけホームズとワトソンばりの

ルビイと相棒のドジなやりとりが漫才みたいで爆笑です。

短編の名手というとロアルド・ダールなんかも好きですが

スレッサーの方が笑えるかも。

Dsc01603

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーディング

エドガー賞候補になっている新人の作品を

読んでレジュメをまとめる仕事してます。

候補になるくらいだから

内容に“何か”ありそうで期待してるんだけど。

ひょっとして受賞すれば版権買ってくれるかなあ。

もしかしたらその翻訳がこっちにこないかな。

と、なんでもmaybeで希望をつなぐ仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情けない

遺伝だと言ってるのだけど元々血圧が高く、

寒いせいかこの頃、急上昇(株価だったらいいのに)しているため

ついに観念して医者に行ってきました。

薬はイヤなので運動と食餌で治そうとしてたんだけど

やっぱり薬飲まなきゃダメということに。

あ~年寄りくさくてヤダヤダ。

ついでに今年はひどいという花粉症の薬を早めに

もらってきたら、なぜか夜から症状が。まさか、もう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インサイド・マン

ジョディ・フォスター、デンゼル・ワシントン、

クライヴ・オーウェンのクライムムービー。お見事の一言。

銀行強盗の犯人たちが人質に自分たちと同じ格好をさせて

立てこもっただけで、何も盗まず犠牲者も出さずに

人質たちが解放されたと同時に一緒に脱出してしまう。

結局、犯人も強盗の目的もわからず翻弄される警察。

実は裏には裏があるという設定なのだけど

すっかり騙されました。っつうか真相はいろいろ解釈できるかな?

さすが言語や顔形さまざまな人類のるつぼニューヨーク。

ここでしか作れないような映画ですな。

会話もウィットに富んでていろいろ裏が読めておもしろかった。

お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ため息

っていうリストの曲を練習してますが

難しくてため息が出ます。音をとるのに必死で

音楽になってましぇん(泣)

久々登場。猫たんぽ。寒いね~

Dcsa0107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウィーニー・トッド(ネタばれ)

勢いで観ちゃいました。

ティム・バートンだったし、凄惨な話をミュージカル

仕立てにしてあったので、もちょっとユーモアがあるかと

思ったら、かなりグロでえぐえぐでした。

剃刀で喉を裂くというスウィーニーの話は有名なのだから

そんなに何度も“具体的”に見せなくても、という感じでした。

暗くて汚くて貧しいロンドンの庶民街の様子は気に入ったけど、

さすがの私メも気持ち悪くなりそうでした。

ジョニ・デたちの歌唱力は上手くもないけどまあまあかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

善き人のためのソナタ

またまたすばらしい映画に出会いました。

壁が崩壊する前の東ドイツ。

国を批判するような発言を弾圧するため

国家保安局シュタージの仕掛ける人間狩り。

狩られる方も人間、狩る方も人間であると

この映画は言いたいのではないか。

多くを語らない中に、とてもたくさんのメッセージを

読み取ることができる。サスペンス的緊張感も加味され、

なんといってもラストシーンがとても素敵。

ぜひ観て欲しい映画のひとつです。

どうしてヨーロッパ映画ってこういう風に描けるんだろう。

昨日、一冊リーディングの依頼があり、

くしくもその話もどうも“情報提供者”がらみのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪見温泉

初雪でしたね。午前中はけっこうな降り。

というわけで隣駅の温泉にゴー。

どこかの山奥の温泉みたいなエセ気分に浸ってきましたが

すいてるかと思いきや、おばさんがいっぱい。

で、また昼間っから一杯やっちまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耳に残るは君の歌声

すばらしい映画でした。

ちょっと前の映画だけどあの時観とけばよかった。

戦争前のヨーロッパの悲しさが胸を打ち、名曲とともに

心にずっしり響いてきました。邦題はビゼー「真珠採り」のアリア

の曲名と聞いて、命名者に脱帽します。

名前を聞いただけで出自がピンときてしまう微妙な時代、

登場人物それぞれが抱える過去とさまざまな想いが

言葉少なな映像の中で雄弁に物語られて

いたような気がします。しみました。

クリスティーナ・リッチ、ケイト・ブランシェット、ジョニデ、

ジョン・タトゥーロ、みんな芸達者。

かりてきたDVDの中に前にかりたことをすっかり忘れてたのがあった。

「ルパン」だよ、このB級映画め。

それにしてもあたしゃ、ジョニデファンじゃないのだけど

彼の映画はなんだかつぶしてますねえ。

「スウィーニー・トッド」いくか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVDかりまくり

今年、お初の隣の未亡人とラ~ンチ。

3000円以上もかけてこじゃれたフレンチなんかしちゃった。

それにしても平日の昼間だというのに

どこにも優雅な方たちはたくさんいらっしゃるようで

相も変わらず有閑マダムたちでいっぱい。

初めて味わうエセ専業主婦の気分ですな。

その後はこれまた締切り明け恒例行事のDVDかりまくりで

数ヶ月にいっぺんの観はぐり映画の消化期間。

「ハリポタ:不死鳥の騎士団」、「善き人のためのソナタ」、

「インサイドマン」、「耳に残るは君の歌声」、「ルパン」

とりあえず「ハリポタ」観ました。戦いの火ぶたが切って落とされ

わくわくしてきました。読んでないけど本の方がおもしろいかもな~。

映像的にはなんといっても古いイギリスっぽい

さまざまなヘンな仕掛けや生き物が胸躍ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず

散らかり放題の部屋を掃除して

久々のおっ買いもの♪

電車賃を浮かすために隣駅まで歩き。せこい。

TVでエイリアンvsプレデターなんか観ちゃった。

なんつうストーリーだ、こりゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

締切明け

っていいもんですねえ。

昨夜はよく寝た~。続けて仕事をいただいて

とりあえずほっとしたのか、ああ、爆睡。

今日は一日掃除したり、片付けたり。

毎度のことながらこればっかり。

家賃の更新にもいってきましたさ。

さあ、読むぞ、観るぞ~

遅まきながらmixiにも参戦しましたっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷え冷え列島

ふう~終わった。いちおう完成。

明日はあらすじをまとめて、もう一度最後に確認して

納品しに行きます。ちかれた~

日本中冷え冷えですね。北海道-33℃なんて想像できない。

寒いせいかあちこちで火事が多いような。気をつけましょう。

寒さ対策は寝るのが一番なんだけど。そういうわけにもいきましぇん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒かったね~

って、三連休だというのに一歩も外に出ていません。

仕事です。締め切りまじかなのでひたすら仕事。

郵便受けも見に行ってません。

でも生きてますのでご心配なく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンカー展

歯医者ついでにスイスの画家アルベール・アンカー展を

みてきました。素朴な農家の人々の肖像画で

おじいさん、おばあさん、子供たちといった

ごく普通の人々の表情が優しいタッチで描かれていて

温かい気持ちになれました。

Dsc01601  Dsc01596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訳了~

ふう~いちおう全訳終わり。

見直しとページ合わせのこれからが大変。

毎度のことだけど、今回はクレームがついた後の納品なので、

ちょっと緊張。具体的にどこをどうしろという指示はないので

なんだかぼんやりとした像があるだけ。

それじゃ、だめじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9合目

あと10ページ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで最後

今日でいただくものをいただくのも最後。

この期に及んでいちゃもんつけられたけど

長いことちゃんと納めてたんだから当然の権利なんじゃないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬱?

夕方急に両腕全体に鈍痛が始まって、やる気減退。

締め切り近くなると出るので、ババくさいけどたぶん神経痛。

なんだか気分の方もどんよりしちゃって

焦ってるのに体が動かなくてうだうだ。

廃品回収に出す雑誌を紐で束ねる、というような

なんでもない行為ができない。

きっと鬱病ってこんな感じがずっと続くんだな、と思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年女?

親戚の中に子年はいるのかね、という話になって

いました、いました。

今年12才になるうちの猫でチュ!

2008_bell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出だしが遅い

早く普通の生活に・・・つまり仕事を始めにゃ

ということで今日はけっこう必死にとりかかりました。

あと30ページ。今週半ばくらいまでにあげたいニャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の目標6

脱ペーパードライバー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の目標5

本、映画、絵画、音楽、芝居、落語、旅、食べ物など

いいものを求めて道草しながら奔走する。

年末に買った花が開きました。

Dsc01595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の目標4

笑いとウィットの追求。笑う能力があるのは人間だけじゃないけど

ブラックな笑いなど、より深い笑いがあるのが人間。

苦しい時、悲しい時、なぜか人間は笑いが出る。

そしてへこたれないで次につなげていくユーモアを持ち合わせる。

こういう本を探して翻訳したいというのも今年の目標。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉始め

汗をかいたらやっぱりおフロでしょ。

今年の温泉始めは奥多摩松乃温泉の水香園。

多摩川沿いにある日本庭園のような敷地にあるお宿。

15時までならおフロだけでもOK。今年はふられずに入れました。

ここのお湯は透明でとろとろ、かすかに硫黄臭のする

アルカリ硫黄泉。お肌すべすべです。

Dsc01594_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

恒例、初詣登山に行ってきました。

穏やかないいお天気で最高の一日になりましたね。

去年はイノシシならぬカモシカに遭遇したけど

今年は人間にしか遭遇しませんでした。

でも去年のお札を返して新しいのをゲットし、

またいろいろ勝手なお願いをどっさりと。

山下りの後は恒例、玉川屋のざるそば。

Dsc01593_2 Dsc01591_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の目標3

今年の目標のひとつがもっと体を動かすこと。

会社辞めてからやっぱり太ったというのが大きな理由だけど

やっぱり何事も体力ですからね。

というわけで2日からオープンしてるスポーツクラブに

続けて行って初泳ぎに、初マシンやってきました。

今年は頑張って続けるゾ。

たのみのDsc01576猫手。福を招いてくれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の目標2

もっとたくさん本を読む。速くたくさん読む。

売り込みに行った時に話題の引き出しができるだけ

たくさんあるようにせめて去年の倍くらいの本を

読破したい! 積読の山をなくそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の目標1

こちらから動き、働きかける。

もちろん仕事の話です。黙ってちゃ、何も始まらない。

たのむぞ、自分!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例正月行事

1日は実家に帰り、家族でお節。

今年は八百善のお節でしたが、正直味も見た目もいまいちでした。

母親がつくった煮物や他のつまみ系の方がおいしかった。

あ~飲みすぎ、食べすぎ。

Dsc01557

写真がいまいちお節。なぜか小豆が入ってるものが

多くてそれだけで×。

Dsc01584こちらは弟くんからのお年賀。

セバスチャン・ブイエのマカロン。きれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけおめ!

年が明けましたね。

いつもと同じ時間が過ぎていくだけなのに。

寒いせいか夜空が澄んでてすごく星☆がきれい。

まさに瞬いている! 思わず星に願いを~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »