« なにやってんだか | トップページ | 石井桃子センセ 合掌 »

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

3月に超特急で翻訳を手伝った本が出ました。

5月にはトム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ主演の映画が

日本でも公開されます。

79年から始まったソ連のアフガン侵攻の時、

ソ連に抵抗する小国のアフガン人を救おうと奔走した

テキサス州下院議員のお話。

その時、援助した金、武器が巡り巡って

皮肉にも9.11という結果になってしまったわけですが。

今でもそうですがアメリカ人というのはホントに

弱い者を見ると放っておけない心の優しいいい人たちなんですね。

でもあまりに短絡的になんでもすぐに首を突っ込んでは

世界中で騒動を起こして、あげくは

あれは絶対に正しい行為だったと決して非を認めない。

それならついでに隣のおバカをなんとかしてもらいたいんですけど。

Dsc01731

|

« なにやってんだか | トップページ | 石井桃子センセ 合掌 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/40747633

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー・ウィルソンズ・ウォー:

« なにやってんだか | トップページ | 石井桃子センセ 合掌 »