« 風邪ひいた | トップページ | 本日の読書 »

フリードリヒ 崇高のアリア

熱が出て一日うだうだしてました。

ああ、こんな感じという久しぶりの風邪っぴきの感覚。

おかげで本がけっこうはかどりました。

今日読破したのはこの本。

Friedrich01aj_2「樫の森の修道院」

に釘づけになって以来、

ドイツロマン派の画家フリードリヒが好きですが、

彼のどこか暗い絵とシューベルト、梶井基次郎、

ニーチェなどとの共通項をつづる極めて内省的な内容。

あ、これって○○の影響かも、と共有点を見つけ出した

時の幸せってなんともいえません。

それを同じように感じる人がいると、

自分はひとりじゃないって思えることも。

それにしてもフリードリヒのまとまった展示会

やってくれませんかね、国立西洋美術館さん。

Dsc01788

|

« 風邪ひいた | トップページ | 本日の読書 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/41242870

この記事へのトラックバック一覧です: フリードリヒ 崇高のアリア:

« 風邪ひいた | トップページ | 本日の読書 »