« ジャコ豆 | トップページ | 寒い~ »

デッド・ゾーン

本日の映画はクリストファー・ウォーケン主演の

「デッド・ゾーン」83年の古い映画です。

交通事故で5年間の昏睡から目覚めたら

未来や過去がみえる能力がそなわってしまったという

ありがちなテーマですが、25年も前の若いウォーケンの演技が

寂しくて悲しくてなんともいえませんでした。

この人はいつもどこかに憂いを含んでいるか、

狂気をはらんだような役が似合う。

なんともやりきれないけど、ある意味救いのある最後に

なかなかうまいまとめ方をしてた映画でしたね。

「ディア・ハンター」であの吸い込まれそうな瞳に

身動きとれなくなり、現在の怪優状態の彼にも

目が離せない私ですが、

味のある悪役をやった「ミラグロ/奇跡の地」もおすすめscissors

なお、「デッド・ゾーン」の中でくしくも

ウォーケンがスリーピー・ホロウの話をしますが、

ジョニ・デが主演した99年の同名映画で

首なし騎士を演じたのは彼。

|

« ジャコ豆 | トップページ | 寒い~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/41182446

この記事へのトラックバック一覧です: デッド・ゾーン:

« ジャコ豆 | トップページ | 寒い~ »