« 初物 | トップページ | スターダスト »

ミュンヘン

1972年ミュンヘンオリンピックの時に

パレスチナゲリラがイスラエルの選手を人質にとって

皆殺しにした事件を映画化したもの。

イスラエル国家はやられたらやりかえすという報復手段を選択し、

パレスチナ側の首謀者をひとりづつ追いかけ、追いつめ、

暗殺するチームを結成した。

それに対してパレスチナ側も当然対抗する。

血で血を洗う抗争を繰り返すうちに

当事者たちの心に微妙な変化が表れる。

こんなことを繰り返して何になるのだろうか、という疑問。

「ブレイブ・ワン」ではないけど、報復の気持ちは感情的にわかる。

でもその後に残るものはどうなのだろう。

考えさせられるが答えは出ない。

ちなみに原作本は我仲間内というか

先輩の翻訳家の訳で出版されてます。

Dsc01829

|

« 初物 | トップページ | スターダスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/41486007

この記事へのトラックバック一覧です: ミュンヘン:

« 初物 | トップページ | スターダスト »