« 今年も | トップページ | ツキを呼ぶ「トイレ掃除」 »

「ひとりの老後」はこわくない

読んでみました。

松原さんの本は昔から節目節目になんとなく

読んでいました。

結婚してても、独身でも最後はひとりという考え方は

上野千鶴子さんの「おひとりさまの老後」と

同じですが、より具体的で考え方に共感できた。

いずれは誰もが考えなくてはならないことで

すべての人が読むべきと思う。

女性を対象にして書いてますが、男性だってひとりの人や

それこそ家族がいても当てにならない人も多いのでは?

Dsc01842

|

« 今年も | トップページ | ツキを呼ぶ「トイレ掃除」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/41610004

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとりの老後」はこわくない:

« 今年も | トップページ | ツキを呼ぶ「トイレ掃除」 »