« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

脱いだらすごいんです

お腹のぷよぷよ肉のことではなく

夏の悩み・・・・汗疹。

まるで幼児のようにお腹と背中にびっしり。

なにしろひたすら痒い、痒い痒い~impact

涼しくなればいつの間にか治るのだけど

まだしばらくの我慢。とほほsweat02

夏休みも終わりなんですけどねえ。

8月はあったんだろうか・・・・・

| | コメント (0)

ゲリラ豪雨

ここのところ連日ものすごい雷雨。

実家の近くの川も久しぶりに溢れたらしい。

子供の頃、細くて蛇行していたその川が溢れた時、

不謹慎ながらワクワクした覚えがあったけど

川幅を広げて以来、かなりの雨でも持ちこたえてた。

それがついにこの豪雨で決壊。

実家のあたりはそれほどでもなかったみたいだけど

上流ではもっとすごいことになってたようだ。

あの半端じゃない雨水rainや雷thunderのエネルギーを

何かに利用できないかと思っているのは私だけじゃないはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とほほのピアノ

今日はピアノのレッスン。

うちではけっこう弾けてたのに先生のとこのグランドで

弾いたらボロボロでがっくし。

あまりにわかってなくて自己嫌悪。

楽譜は読めるけど、音がとれないエセピアニストなので

その楽曲の調つまり展開法則がわかってない。

要はテーマがあって、それがバリエーションに

なっているだけなのに、頭で音符を追っているだけなので、

音としてわかっていないのだ。

コード進行だけでいくらでも弾けちゃう人が羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しい

アフガニスタンでNGOで働いていた日本人男性が

拉致、殺害された。

彼は政治的なものなど何もなく、アフガンの人たちが

自活できるよう懸命に協力してきてこの仕打ち。

どうしてわからないのだろう?

技術をおしえてくれる外国人がいなかったら

あんたたちは何もできないで飢えるだけでしょう。

まったく理解できないし、同じ人間とはとても思えない。

武装して殺戮を繰り返したって、何の解決にもならないのに。

人間って悲しすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっぱりお米

新聞の購読を更新したらカタログをくれた。

もらうんだったら食べ物だよなあ、ということで

やっぱり行き着くところはお米riceball

Dsc01884

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も全生庵

上京したついでに谷中の全生庵に駆け込んできた。

やはりここの幽霊画を見ないことには夏は締めくくれませぬ。

一番のべっぴんさんは茨城での山岡鉄舟展に

出払ってらっしゃるということで会えませんでしたが

何度見てもおもしろいし新たな発見がある。

応挙などの有名人から作者不詳の作品まで

どういう思いでこの一幅を描いたのか

100年以上たった現代の私たちに語りかけてくるよう。

写真は全生庵特製骸骨Tシャツ

Dsc01883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小為替

パスポートが切れるので申請するために

戸籍抄本を取り寄せることに。

本籍がちょっと遠くにあるので市役所に手数料を郵送するのだけど

今日、郵便局に小為替を買いに行ってびっくり。

450円なので、400円と50円の為替になるのだけど

それぞれに手数料が100円つく。

50円の為替に100円の手数料?

昔は10円くらいじゃなかったっけ?

おいおい、冗談じゃないよ。

50円の為替だったら10円くらいにするとか

ちっとは考えたら?

いくらなんでもあまりにもぼりすぎじゃないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Whole Lotta Love

北京オリンピックが終わった。

世界中の人々が本当の意味で仲良くすることは

残念ながら不可能だと思うけど、賛否あっても

こんなにいろんな国の人が一堂に会すると

いうのはすごいことだと思う。

せめてもの人間の良心に望みをつなぎたいもの。

それにしても閉会式で演った表題のZEPの曲は

いつ聴いてもしびれる~heart04

オリンピックに関係なく、禍々しいロンドンに行きたい。

2012年は少しは稼げてるんでしょか?

遅れまくってる仕事に専念します。ハイsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐっと寒い

蝉が最後の力を振り絞って鳴いているけど

なんだか寒いですな。

このまま終わるとは思えないが、確実に秋に向かってる。

時々、無性にバカ食いしたくなる。

それも鳥の唐揚げを・・・・今日もいかん、いかんと思いつつ。

脂肪を落とすとかいう漢方を飲んだらおなかがピーピー。

何やってんだかshock

オリンピックももう終わり。

気になるのはイチローくんの200本。

あと30本だから大丈夫だと思うけど。

チームが負け続きでモチベーションdownだろうけど頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華あるかけっこ

runよくやった!

アメリカがいなかったということもあったかもしれないけど、

足が短くても、年寄りでも、アジア人には不利と言われても頑張った!

かけっこは大好きだったけど、リレーはやっぱり華がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかりヒッキー

蟄居状態でブログをアップする話題もありません。

いつの間にやら8月も20日過ぎ、時間がたつのがあまりにも速くて

なんだか騙されてるような気がしてならない。

オリンピックイヤーに家にずっといるという状態は初めてなので、

いつになくテレビを見てしまい、気が散ってしかたない。

それにしても女子ソフトはすごい。

上野の気合と頑張りはMVPものです。

監督の采配には首を傾げたのは私だけじゃないと思うが。

女子サッカーはもうちっとだったけど実力不足。

でも予選敗退かというところからよくここまではいあがってきた。

昔はまったく歯がたたなかったのに進歩したよ。

女が強くて頼もしいゾ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一弾読了

いつの間にやら8月も半ば過ぎてしまった。

この二週間の記憶がないくらい。

昨日は涼しくて今日も多少ラクかな。

もうそこはかとなく秋が忍び寄ってる感じ。

600ページのリーディング終了。

前半はイケてたのに後半から失速。

設定はおもしろいのに惜しいなあ。

マイミクさんたちの日記も滞りがち。

みんな休み返上で仕事してるみたいデス。

自由業に休みはない・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糖質ゼロ

太るしお金もかかるので対策として

糖質ゼロの発泡酒を飲んでみた。

やっぱりマズかった。う~んgawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポドロ島

L・P・ハートリーの怪奇短編集。

読者の解釈に任される話が多くて、少々難解なものも

あったけど、妙な読後感があった。

何と表現していいのか、え・・・・・?みたいな。

人間の深層心理に根ざした話が多く、

他の怪奇短編集とはちょいと一線を画す作風。

おかげでその延長線上みたいな奇妙な夢をみていたけど、

例のごとく覚えてない。

Dsc01882

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メメント・モリ

日航機墜落事故から今日12日で23年。

知り合いに犠牲者が出たというわけではないけれど、

あの時ちょうど9月にドイツへふらりひとり旅を

計画してた矢先だったのでほとんどパニック状態に陥った。

よしゃいいのに、フォーカスに載った“現場写真”なんか

見ちゃったりして、まじで行くのやめようかと思ったくらい。

毎年、この日になるとあの恐怖を思い出す。

8月はいろんな意味でメメント・モリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が散る

泳ぎたくて波、走りたくて走る人うずうず。
トーシロの浅はかなところだけど、
己のぷよぷよ腹に幻滅し、
アスリートの引き締まった体を見て影響されるのは
いつものパターン。
問題はそのモチベーションが長くは続かないこと。
というところが連覇という偉業を達成する選手との
大きな違いなんだろうな。

それにしても仕事が手につきましぇんあせあせ(飛び散る汗)
今読んでるリーディング、
B級的にとんでもないことになってきて
おもしろくなってきたというのに、
読むのが遅くてなかなか進まん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々カラオケ

隣駅の未亡人と久しぶりに飲んだ。

もうすぐダンナの一周忌、今年4月から10年ぶりに

再就職して、子育てしながら毎日通勤してる。

この一年とっても大変だったし、

久しぶりの社会復帰も大丈夫かと気になってたけど、

目の前にあることをひたすらこなす毎日のせいで

却って精神的に追い詰められているヒマがないようだ。

いろいろ苦労してきたせいか、会社でイヤなことがあっても

すぐにメげないし、“人と比較して思い悩まない”とはっきり言う

精神はホントに強くなったよ。こっちも見習わねば。

飲みすぎて調子に乗ってカラオケへなだれこみ、

タンバリンたたきすぎて、太腿に青あざが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイオクゥ~

高いガソリンのことではなく、

「すばる」8月号に載っている墨谷渉さんの小説(?)

いわゆる廃墟探訪ものですが、

廃屋物件一件一件を測量士的に紐解いているいるのが

おもしろい。

第一次測量は物件の図面、面積などの詳細表、

第二次測量は建物内部の間取りやインフラ等をさらに詳しく、

第三次測量は周辺環境、周辺住民の話、土地の歴史、

興味深いのは第四次測量仮説。

実際に物件の内部に残されていたものから

かつての住人の生活状況、背景、出て行った状況なりを

推測するというもの。

夏草や、兵どもが、夢の跡・・・・・

廃墟の魅力ってまさにこのひと言に尽きると思うのだけど

自分が立っているこの地に

かつて誰かが住んでいた、何かがあったと

古に思いをはせ、しばし空想を働かせ、空気を共有するのは

なんとも緊張感のある楽しみ。

そういう意味でなんかおもしろい文章だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子サッカー

いよいよ、オリンピックの予選が始まった。

不可解なジャッジで互いにPKによるエセゴールがあり、

またしてもおかしな展開だったけど、

ドローまでこぎつけたのはエラい。

勝つためのスポーツは大変。

ほけほけてれてれひとりで走ってる方が気が楽だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏になると

避けて通れない広島・長崎の原爆記念日。

被爆者たちが高齢化する中、

絶対に次世代に語り継いでいかなくてはいけないこと。

超大国のリーダーも、独裁国のリーダーも

もう戦争を知らない。その悲惨さを知らない。

だから平気で戦争する。

こういうことは悲惨だからと目をつぶるのではなく、

子供の時から教えていかなくてはいけない。

知らないとまた同じことを繰り返す。それが人間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしいことに

またリーディングの依頼が!

うれしい限りだけど、どうしてこう重なるかなあsweat01

内容はまだわからないけど、

思わずジャケ買いheart02しそうな本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

once ダブリンの街角で(ネタバレ)

アイルランド・ダブリンを舞台にした音楽映画。

ストリートミュージシャンの男とチェコ移民の女。

音楽を通じで街で知り合い、それぞれの心のうちを曲にしていく。

男と女が惹かれあう感情が見え隠れしながらも

やがてひとつの岐路がやってくる。

たぶん原題がonceなので、男は昔の彼女のところに、

女は別居していた夫とよりを戻し、それぞれの生活に

戻っていたのだろう。

ちょっぴり残念な気もするけど、何がって、音楽が良かった。

男が作ったという歌もなかなかいいのだけど、

所々に挿入される市井の人々の音楽の心が。

言葉を愛し、詩を紡ぎ、魂の叫びをたたきつける国民性

なのだと改めて思う。静かないい映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷子の警察音楽隊

イスラエル・フランス映画。

イスラエルにアラブ文化センターができ、

その招きで演奏会をするためやってきたエジプトの警察音楽隊。

ところが手違いで目的地とよく似た名前の辺境の町に

たどり着いてしまい、

団員たちは別れて住人たちの家に泊めてもらうはめに。

そして短い一夜の間に宿泊先のイスラエル人たちとの間に

それぞれささやかなドラマが生まれる。

背景に複雑な歴史がある中、

沈黙、英語、ヘブライ語、アラビア語が混ざり合い、

ぎこちなくやりとりする人たちの微妙な感情の変化。

話は終始穏やかな川の流れのようで、

何が起こるわけでもないけど、

ほんわり温かい束の間のふれあいを

肩の力を抜いて描いたという感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本以外全部沈没(ちょいネタバレ)

興味があったのでちょっと観てみた。

とことんB級ブラックで、30年代のウルトラマン的作りを

徹底的に目指した精神がすがすがしい。

日本以外の大陸が全部水没してしまい、

助かった外国人が日本に押し寄せる。

最初は媚びへつらう外人にいい気になっていた

日本人は次第に彼らを持て余し、

粛清行動をとるようになる。

そうこうするうちにまもなく日本列島も沈むことがわかり、

なーんだ、みんな死ぬんだ、ちゃんちゃん。

結局、世界はブランコのような危うい状態に

乗っかっているだけという言葉は

現代に対する強烈な皮肉では?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしてこう

DVDかりてきたり、図書館のリクエスト本がきたりすると

仕事がくるかなあ・・・・・

懸案事項だったリーディング代の件は

しつこく問い合わせた結果、

いちおう支払ってもらえるという言質をとったので

とりあえず一段落。

その話ついでに、すごい長~いリーディングを

また頼まれた。なんと600ページ! ふう~

Dsc01880

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lovely Owl

東北に山登りに行っていた友人から

こんなかわいいフクロウをもらった。

起き上がりコボシになっているのだけど

グッとくる愛らしさheart02

Dsc01878

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »