« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

晴れ舞台

大親友が気まぐれで入った合唱団の定演があった。

アマチュアなのにオケバックにオペラシティで。

フォーレやデュリュフレの「レクイエム」など

大変な曲ばかりでさすが東京の合唱団ですなあ。

オケに負けてる部分もあったけど女声がきれいでした。

ああ、ピアノが聴きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の話題

某国交省の辞任。

あまりに失言が多すぎるとの理由だけど

日○組をぶっ壊せの意見には一票。

みんな、そう思ってるんじゃないでしょうか。

ただ大臣の立場で言っちゃうのはまずかったね。

イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリン再結成?!

う~ん、クイーンの時と同じで考えちゃいます。

音楽だけあればいんですが。

ポール・ニューマン死去。

そろそろかなと思ってはいたけど、ちょっと寂しい。

ハンサムだけど凄みのある悪役もできて、

年取ってもいい味出してただけに

また名優が亡くなったという感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちにもねんきん特別便が

やっときた。

ずっとひとつの会社で勤め人やってたので

間違えようにも間違えるわけがない。

これで間違ってたら、ホントにどうかしてるぜ、って

くらい明快な年金記録。

今日はロマンス系ひとつ納品完了。

さて次はネコcat系ミステリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癒し系

ずいぶん前に友だちからいただいたのだけど

最近ずいぶん癒されてるコーヒーカップ。

Dsc01896

中のぞいてるし(底に魚がいる)

Dsc01893

その後姿も哀愁漂ってる。

なんだかホッとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちにも地デジが

やっとうちのボロマンションに地デジがやってきた。

こうなると液晶テレビtvが欲しくなる~

どうしよ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

許されぬ花嫁

9/20発売です。

夫に女がいると知ってショックを受けた妻が姿をくらました。

妊娠していたのでそのままひとりで子供を育てるが、

夫と数年ぶりに再会・・・・すったもんだというストーリー。

ロマンスがお好きな方はどうぞ。

Dsc01889

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチローくん、200本達成!

やったね! 

200本8年連続なんてホントに君はすごすぎる。

こっちもなんとか一件訳了。

これからが大変だけど、とりあえずふぅ~dash

今夜は祝杯だ!って違うだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジュメ提出

今回の本はゴシックSF?というか、

ダークファンタジーというか、なんだか不思議な話だった。

表紙は私好みでなかなかクール。

ある意味おもしろかったけど、概念的についてけないところもあって

果たしてどうかなあ。

世の中いろんな本があるなあ。それが醍醐味なのだけど。

それにしても株安ショックで世界中が激震してる。

そんなに大騒ぎしてもしょうがないと思うけど

信用取引とかで大損した人は確かに青くなってるでしょうな。

もちろんマイナスだけど、とりあえずじっと我慢の子。

翻訳業と同じですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦争の傷跡

9/14、15のNHKスペシャル「兵士はどう戦わされてきたか」、

「ママはイラクへ行った」をみて改めてショックを受けた。

相手が人間だと思わなければ殺しても罪悪感もないという

人間性を取り去る教育をして兵士を前線へ送り、

そのまま帰還させる。

普通の人間なら人の死や殺人を目の当たりにして

正気でいられるはずがない。

戦場へ行く訓練はしても、

元の生活に戻る訓練はしてくれないという

自殺した帰還兵の母親の言葉にグサリときた。

イラクへ派遣される母親に

どうしてイラクへ行かなくちゃならないの?と

ひたすら疑問をぶつける幼い息子の言葉は

すべての人の本音だと思う。

これだけ国民の人生をめちゃくちゃにしておいて、

なぜ、戦争はやめようという考えが出てこないのか

国というものの理不尽さを痛感してやまない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再発

夏の汗疹からジンマシンを発症して

あまりにも痒くて辛いので薬をもらってきた。

すぐに痒みは落ち着いたのだけど、なぜか再発。

大好きな香辛料が原因だったらどうしよう?

それにしてもこの薬、ひたすら眠いsleepy 寝起きが悪いgawk

ただでさえ眠気と戦ってるところに辛い。

現在のBGMはさながら、

仕事しろ、仕事しろと尻をひっぱたかれてるhorseような気がする

ZEPのせわしない「アキレス最後の戦い」というとこか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹の上のポニョ

この頃、忙しくてろくな食事をしていない。

ビールもほとんど飲んでない。

なのに痩せない。

お腹周りは相変わらずポニョポニョ。なぜに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しいのはいいことだけど

リーディングの本を読了。

レジュメのまとめに入るのだけど、う~ん、微妙なので

どうやって書こうかなあ。

ロマンスものの訳了まであと30ページ。

今回は切った貼った作業が多そうなので少々げんなり。

前回の作品は規定枚数一回でどんぴしゃ。

こんなのは初めて。

そしてシリーズのものの下訳100ページを来月末まで。

どーしましょsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョン・エヴァレット・ミレイ

渋谷に出たので見られる時にというわけで

慌てて飛び込んできた。

素敵な絵ばかりでした。人物の何気ない表情がいい。

有名な「オフィーリア」はもちろんだけど、

それ以外の作品も秀逸。思わずカタログをゲット。

お薦めです。

Dsc01888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

港めぐり

パスポートが切れるので慌てて申請に関内まで。

10年前に取ったのですっかり要領を忘れてしまって

更新の場合は戸籍抄本がいらないのを失念してた。

ちっ、損したぜ。

さくさく申請を済ませ、来月アテンドイベントがあるので

ちょいと港界隈~中華街等歩き回って下見してみた。

今日は爽やかな秋晴れsunで気持ちいい~note

思わずアルテリーベの外カフェで軽ランチrestaurant

あんまり遊んでいられないのでさっさと退散したけど、

日本新聞博物館でやってた一枚マンガ展はすごくおもしろかった。

たったひとコマで見る者を笑わせ、考えさせる才能はさすが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽は楽し

これも以前から入っていた予定で

蹴飛ばすわけにいかず。

母のコーラスの先生監修の「ルチア」その他のオペラを

聴きにいった。

ママでもソプラノ歌手の先生の奥さまの声もますます艶やかで

ちょいと肉がついた分、声量が安定してとても堪能できた。

やはり音楽は楽しnote

やめられませぬ。

実家の猫はそんなに年でもないのに最近、足が悪い。

夜中にふと目覚めたら、タワーの最上階に上がっていたので

ちと怖かった。写真もオカルトバージョンです。

Dcsa0169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例ケンタパーティ

8月中決行予定を忙しくなってしまったので延期してもらってた。

結局、8月にやっても同じだったけど、

小学5年以来の友だちとの半年に一度のパーティは

何をおいても欠かせない。

メニューもケンタ+αと相変わらず。

最近はあまり食も進まず、健康とか親の話とか年を感じるが、

たわいもないgirl's talkに花が咲く。

昔、ルパン三世新シリーズの主題歌の歌詞が

一般公募され、みんなで頭を絞って応募したことがあった。

その時の応募作品をちゃんとキープしてて

持ってきてくれた。 おお、青春は麗し!

それにしてもレーザー治療で近眼を治した友人の話は

かなり食指が動く・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROADSHOWよ、おまえもか!

大手出版社の有名雑誌がまたしても休刊。

ネット時代に押されてしかたがないとはいえ、

ROADSHOWは昔よく読んでた雑誌のひとつ。

好きな俳優のところを切り抜いたりしてたものです。

出版界は不況じゃない時はないくらいどんよりした業界で、

翻訳ものも売れなくて、各社出す本を厳選し始めている。

それはそれである意味いいことかもしれないけど、

つまりは翻訳者の仕事も減るということ。

先行き暗いshock

まったく、毎日の明るい話題は

イチローくんの200本baseballまっしぐらだけさdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またかよ!

福田総理緊急会見なんて言うから

まさかね・・・・と思ってたらやっぱし辞任。

民主党に相手にしてもらえないから辞めるって、

誰かさんとまったく同じ言い草。

最後の最後まで他人事総理でしたね。

今までもとんでもない首相はいっぱいいたけど、

最近流行りなのか、総理の老後対策の一種なのか

あまりにも無責任な辞め方。茶番にすらなりゃしない。

こりゃ、ますます日本の株が下がるぜannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »