« ピアソラ | トップページ | クリスマスパーティ 第一弾 »

めがね

南の島にひとり旅する女。

ただ海があるだけで、宿の主人も集まる人たちも

どこか変でかみ合わない。

「かもめ食堂」と同様、特にストーリーはなく、

ゆったりまったり静々と流れ、意味も結論も求めない映画。

ここに来た理由も、互いにどういう関係なのかも語らない。

黙ってきれいな海だけ眺めて、風を感じていればいい。

本当の休暇ってこういうことをいうのかもね。

何もしないでゆっくりしたいといっても

時間を無駄にしないよう事前に詳しく調べていったり、

パソコン持参だったり、真に無になることがない。

めがねを落としても拾いにいかないシーンが

よく見えなくてもいいじゃないの、と言っている。

おおざっぱ過ぎる地図も

余計なものはいらない、饒舌に語る必要はない、と

言っている。

物を持ちすぎてがんじがらめになっている

情報過多の現代を皮肉っているよう。

|

« ピアソラ | トップページ | クリスマスパーティ 第一弾 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/43341561

この記事へのトラックバック一覧です: めがね:

« ピアソラ | トップページ | クリスマスパーティ 第一弾 »