« 裁判員制度 | トップページ | ノー・カントリー »

イースタン・プロミス

すごく印象的な映画だった。

ロンドンにおけるロシアマフィアが絡む人身売買に

普通の看護婦が巻き込まれていくというもの。

現代版「ゴッド・ファーザー」という感じで暴力シーンも多く、

冒頭の床屋のシーンでピンときたので

あ、くると思って目をそらせてた。

なんといってもヴィゴ・モーテンセン扮する

ファミリーの不気味な運転手ニコライが絶品。

「ロード・オブ・ザ・リング」アラゴルン役もロン毛でいい男だったけど

スーツでビシッときめた今回のヴィゴもめちゃくちゃカッコ良すぎる。

簡単に女になびかなそうな冷たい陰のある男の役で、

すぐに「ルパン三世」の次元大介を連想した。

ネタばれになるので詳しくは書きませんが、

ニコライの正体についてはわたし的には

ああいうオチにしない方が

より哀しく痛々しくて深みが増したのではと思った。

ロシア人の鬱屈した暗部がレストランで歌われた

「黒い瞳」にすべて凝縮されてるような気がして、

フラット人間の私の琴線を刺激する興味深い映画だった。

|

« 裁判員制度 | トップページ | ノー・カントリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/43306827

この記事へのトラックバック一覧です: イースタン・プロミス:

« 裁判員制度 | トップページ | ノー・カントリー »