« 他人事とは思えない | トップページ | 気持ちわる~ »

わが教え子、ヒトラー

1944年、敗戦色濃厚のナチスドイツ。

巻き返しを図るため、ヒトラーの“力強い”演説をプロパガンダに

利用としようという名案を思いついたゲッペルスは

収容所にいたユダヤ人俳優を連れてきて、

心身を病んでいるヒトラーの“演技指導”をさせる。

だが、その裏にはある秘密の計画が練られていた。

突然、とんでもない役目を担わされた

ユダヤ人俳優アドルフ・グリュンバウムは

家族を救うため、しぶしぶ引き受けるが、

やがてこのおぞましき独裁者の内面に入り込んでいく。

ヒトラーが手嫌いしているはずのユダヤ人である主人公を

簡単に信じるようになってしまったあたり、

互いの心の変化の描き方が弱い気はしたが、

全盛期のヒトラーが“催眠術をかけたように”国民を煽ったことから、

演技技術に長けた主人公に“逆催眠術にかけられた”皮肉、と

考えると納得もいく。

とにかく全編随所に徹底してナチスを揶揄する場面が見られ、

ヒトラー及びナチスを右往左往させているところが笑えた。

戦傷を負ったヒムラーが腕を吊って登場するのだけど

それがもろハイル・ヒトラーのあの姿勢。ふざけてる~

こんなナチス映画は初めてだ。

なかなかおすすめデス。

|

« 他人事とは思えない | トップページ | 気持ちわる~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/44822353

この記事へのトラックバック一覧です: わが教え子、ヒトラー:

« 他人事とは思えない | トップページ | 気持ちわる~ »