« 今日の新聞 | トップページ | バカは死ななきゃ治らない »

この世でいちばん大事な「カネ」の話

西原理恵子の本。

タイトルだけ読むとなんだかえげつない話みたいに聞こえるけど、

自分の壮絶人生から学んだ幸せの原点の話。

この人ってどん底で負のエネルギーをプラスに変えてきた人なんだな。

最下位の人間には最下位の戦い方がある、

働いて働いてお金を稼げ、など、力強い言葉がすごい。

実父と養父が共にアルコール中毒、ギャンブル中毒と

とんでもない親父で、それを死ぬほど嫌だと思っていたはずなのに、

自分が同じことをやっていたり、また似たような男と結婚したりしている。

虐待された子供が親になって子供に同じことをするように、

このパターンは経験からもよくわかる。

世の中には正論が通用しないことがある、

こう生きるしかなかったってことがある、と言っているけど

まさにそういうことだろう。

61uuumjjprl__sl500_aa240_

|

« 今日の新聞 | トップページ | バカは死ななきゃ治らない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/45130190

この記事へのトラックバック一覧です: この世でいちばん大事な「カネ」の話:

« 今日の新聞 | トップページ | バカは死ななきゃ治らない »