« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

奇想の王国 だまし絵展

おもしろい。とにかく、おもしろ~い。

ホントに開いてるように見える扉、

自分が動くと位置が移動するように見える建物、

ホンモノなのにミニチュアのおもちゃのように見えるよう

撮影された渋谷駅前交差点、

もちろんエッシャー、マグリット、日本の浮世絵まで

人間の目の錯覚のトリックを利用したさまざまな絵やオブジェ。

一見の価値あり。

展示のなかったものも多く掲載されているカタログを

眺めるだけでも狂喜乱舞もの。

昔、京都曼殊院で目にして驚愕した幽霊画が

掲載されていてびっくりした(現在は米原の徳源院蔵)。

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムにて8/16まで。

Dsc02353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと、見っけ

ユニクロの企業コラボTシャツVW「ニュービートル」

どこ探してもなくて、ネットでも完売。

在庫のある店舗を探してもらって

さっそく駆けつけ、やっとこさゲット。

うう、かわいいheart04 またユニクロに儲けさせてしまった。

Dsc02352

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨のお嬢さま

ネコにあるまじき行為だが

最近、ネコタワーから落ちて、

お尻をしたたかに打ったらしい。

やはり寄る年波には勝てない?

Dcsa0345

ああ、仕事くれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドン・ジョヴァンニ

モーツァルトのオペラ。

母の先生が悪党ドン・ジョヴァンニを演るので聴きにいった。

珍しく男、しかもバリトンが主役の話で

女をたぶらかし、悪徳の限りを尽くしてきた男が

最後には騙した女たちから総スカンをくらい、

亡霊に正義の鉄槌を下されるというもの。

やはり低音の魅力・・・・・ですな。

Dsc02351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合掌、マイケル

そんなに熱狂的なファンではないけど、

やはり一世を風靡した人であることに変わりはない。

スリラーの映像はいまだに鮮烈。

あのダンスには血が踊る。

度重なる整形や、明らかにドラッグをやっている雰囲気から

今回の死もある意味当然のように思われるが、

彼の残した功績は消えないだろう。

くしくも時を同じくしてファラ・フォーセット・メジャースの訃報にも

チャリ・エンを見てて、あのワイルドな風貌に憧れてた

世代としてぐっときた。

好きだったの、感覚的に。ホント。

あのいかにもアメリカ的な感じが。あの当時。

とってもかっこよくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納品

今回はけっこう余裕があったのに、

やっぱり締め切り間近はなんだかんだガタガタする。

編集者に会って話を聞いてきたけど

やはり刊行冊数を減らすというご本尊からのお達しで、

次の仕事はいつになるかわからないとのこと。

まじ、やばい。それでもどこかで“信じてる”ようなところがある。

これじゃ、ただの能天気なオプティじゃないか。

こういう時はどうすればいい?

ひたすら耐えて仕事のネタを探しまくる・・・・それしかない。

何かいいことないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべてが暗転

この頃、からっきしいいことなし。

すべてにおいてスルーされてる気がする。

この半年、仕事がきても途中でキャンセルされたり、

しつこく言わないと仕事くれなかったり、

打診してもなしのつぶてだったり、

こんなことばっかり。

さらに今またひとつ唯一の定期収入源に暗雲が。

これはホントに生活保護まっしぐらか。

そんなにホントに本は売れないのかね。

片やバカ売れしてる本だってあるというのに。

リーディングしてるとよく思う。

こんなつまらん本をよく出版してくれたな、と。

編集者が何かを気に入って、社内の編集会議にかけて、

コストかけて本にして世に出してるわけだ。

こんな本でも。

世の中、映画だってなんだって

ほとんどがくだらなくてつまらないけど世に出すのは賭け。

弱小出版社ならともかく、

もっと翻訳ものを出してくれたっていいと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜開港記念館

古い洋館でバッハのコンサート。

なかなかしゃれた雨の日曜となった。

横浜の港を望むジャックこと開港記念館。

中に入ったのは初めて。

クラシック好きの元アナウンサー朝岡聡のMCで

チェンバロ、オーボエ・ダモーレ、フラウト・トラヴェルソ

など多彩な楽器でバッハを聴かせてくれた。

普通のオーボエより低音が出るオーボエ・ダモーレが

とても良かった。

しけしけのせいか、バイオリンの音に違和感があって

最後まで気になったけど、楽しかった。

なぜ、人間だけがただの音→旋律をもつ音楽を作り出したのか、

時代が変わっても、民族が違っても同じようにそれを美しいと感じられるのか

なんだかとても不思議な気がする。

Dcsa0342a Dcsa0337_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そっくりさん

オードリーの春日(左)と

チャリ・エンに出てた髪フェチ男クリスビン・クローバー(右)

なんとなく似てる。

Img7a842c73zikbzj  Imager3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米原万理の「愛の法則」

主に高校生相手の講演会をまとめたもの。

この人らしく下ネタも満載で、

いいのか?という部分もあるけど、

古今東西共通のユーモアを解さないテはない。

言語でのコミュニケート、人間間の相互理解など、

この人はホントに知識人。

やはり子供頃からの豊富な読書量に

よるところが大きいのだろう。

Dsc02348

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんかむしゃくしゃ

サッカーは負けたし、

株価も下がってるし、

宝くじはまたボツだし、

仕事も来ないし、

何もかもいいことなし。

ホントに世の中なんかアホくさくなってくる。

いかん、いかん、くさってても埒があかないと思っても

むしゃくしゃしてやけ起こす人の気持ちがわかるよ。

こういう時、人は悪に走るんだろうな。

何かディストラクトするものがないとやばい、やばい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か欲しい病

昨日、訳了した。

なんだかラストになってつまらなくなって、

意欲が萎えてストレスがたまった。

これからが切った張った大変なのだけど、

やはりストレスがたまってるのかいつも出るのが

何か欲しい病。

金がないから大枚は使えないので

ささいなものが欲しいのだ。

たとえばキッチングッズとか、化粧品のサンプルとか。

そう、化粧品を変えたくなる。

毎日のように目にする肌に一番いいかのごとくのさまざまな広告。

うまいねえ、ああいう広告。ついほだされる。

それをあれこれネットとかで口コミ調べて

いかに自分の感性で決めるか、

けっこうそれがスリリングな買い物の醍醐味。

要は結局、何か変化が欲しいということなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人の知らない日本語

外国人に日本語を教えている日本語教師が

生徒たちとのやりとりの中で

日々、直面する日本語再発見おもしろ話。

イラストと共に楽しめ、へえ×5の連発で、

ホントに知らないことだらけで目eyeからウロコ。

日本語って難しいゾ。

51a3n2pvgzl__ss500_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アストロリコ・タンゴ・オルケスタ

久しぶりにアルゼンチンタンゴなんぞ聴きに行った。

バンドネオンが4人もいる10人編成のバンド。

あのメリハリのきいた情熱と哀愁のせめぎあいに

やはり血が騒ぐ。

関西で活躍しているバンドで名前は知らなかったけど、

さすがプロと思わせる演奏だった。

ピアソラばかり聴いているのであまり意識したことがなかったけど、

アルゼンチンタンゴとコンチネンタルタンゴの違いなど

実演してくれたりして、MCもおもしろく楽しかった。

月並みだけど、アンコールはピアソラの「リベルタンゴ」

う~ん、やっぱり最高。

Dsc02347

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わず苦笑!

市民税・県民税の納税通知がきた。

あまりの少なさに思わず笑った。

隠し財産があって収入がない、という状態が一番グーだね。

って当たり前か。

それにしても株価が少々上向きになってきたというのに、

仕事もぱっとしないし、いいことがない。

日々、イチローくんの安打数をカウントするのが唯一の楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレジー

初老の大学教授と若い女の愛の物語。

こういった年の離れた男女の恋愛話にありがちな

老人の若さへの憧れとか、若い恋人に簡単にポイされるのではないかと

恐れおののく妄執を描いているだけかと思ってたが、

老いとはなにか、結婚とはなにか、

もっと深いものを考えさせられる内容だった。

何よりグサリときたのは

人と何かを築いていくことのできない主人公の大学教授の

どこか自分と似通った生き方。

結婚生活も続かず自ら妻子を捨てて逃げ、

都合のいいセックスパートナーとは長年続いている一方で、

若い恋人から家族に会って欲しいと言われてうろたえる。

どうせ若い女相手の恋に将来などないと自分に言い訳し、

結局、足を踏み出せない。

堅物の息子から不倫をしていると相談を受けても

すべてのアドバイスがそらぞらしい。

なんでも話せていた親友の突然の死に右往左往し、

人との関係を正面からきちんと対処してこなかった

人生のツケが回ってきたといったところか。

原作はフィリップ・ロスの「ダイング・アニマル」

人間は「死にゆくけもの」であるというタイトルからも

人生の時間の経過におけるさまざまな思いが感じられた。

使われてる音楽も印象的だった。

Dsc02350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンマ・ミーア

ごぞんじアバの曲満載のミュージカル映画。

まあ、内容はどたばただけど、

ギリシアの海はきれいだし、とにかく楽しい。

あんな素敵な場所で、愛を囁かれたいと

思わせるような女心をくすぐる要素がてんこ盛り。

水の中に飛び込むシーンなど、

「雨に歌えば」の中のジーン・ケリーの土砂降りダンスと同様

自分が開放されてすごくわくわくする瞬間。

やっぱりアバの曲ってすごく好きだったと思った。

むしゃくしゃしてる時など、思いっきり楽しくなれていいかも。

Dsc02349

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ちょっといい話

今、旬のピアニスト辻井伸行くん、

一日だけ目が見えたら、何を見たい?という質問に即座に

両親の顔・・・・・ぐっときた。

モーグルの上村愛子と回転の皆川賢太郎が結婚。

ふたりとも応援してるのでなんだか嬉しい。

それにしてもスキーDNAバリバリの子が生まれるだろうなあ。

グラフとアガシが結婚した時も同じことを考えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法人類学者デイヴィッド・ハンター

珍しくめちゃくちゃページターナーな本だった。

ドイツ在住の日本人翻訳家の方のブログで

お薦めだというので、邦訳を発見してゲットしてみた。

主人公は死体鑑定の専門家ハンター。

ある悲惨な事件の後、大都会ロンドンを離れて田舎にひっこみ、

町医者をやっている。

そこで奇妙な儀式を施された腐乱死体が発見されたことで

封印していた検屍仕事をやらざるをえないはめになり、

事件に巻き込まれていく。

田舎特有の閉鎖性を背景に、人間心理も掘り下げ、

ええ、それでどうなるの?という絶妙な展開で

とにかく矢も盾もたまらず一気読み。

翻訳もうまくてとても読みやすい(羨ましい)。

ラストの大ドンデンは少々蛇足な気がしたけど

最近では珍しいくらいおもしろい本だった。

シリーズものらしいので次作も楽しみ。

著者はアメリカに現実にある法医学トレーニング施設

「死体農場(ボディファーム)」での

体験をベースにしたというからますます興味深い。

次の刊行は未定だが、ぜひ続編を紹介したいと

あとがきで訳者がさりげなく出版社にプレッシャーかけてるところが

同業者として大いにうなずける。

わたしも拙訳書「赤と黒の肖像」のあとがきで続編のことに

ふれたんだけどどな~

売り上げが伸びないと版権とってくれないからな~

しかし、夜更かしすると頭がぼうっとしていけない。

41b9zjqhhtl__sl500_aa240_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが青春のマリアンヌ

ずっと前にビデオに録っていた古い映画を

DVDに落としながら見直してみた。

ジュリアン・デュビビエ監督が1955年に製作した白黒映画。

男子ばかりの寄宿舎、湖の対岸にある幽霊が出るといわれている館、

そこに幽閉されていると思われる美女、といかにもヨーロッパらしい

不思議を加味した思春期映画。

今観るとクサいけど、やっぱりこういう世界はたまらなくいい。

寄宿舎のモデルになっている城は

わが別荘ノイシュヴァンシュタイン城のすぐ近くにある

ホーエンシュヴァンガウ城ではないかと思うのだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神さまの贈り物

全盲のピアニスト辻井伸行くんが

バン・クライバーン国際コンクールで優勝した。

目が見えない音楽家はいっぱいいるけど、

生まれた時からという状態は想像もつかない。

海、山、木、火、水といった自然のもの、

あらゆるものを実際に見たことがないのだから

楽譜の解釈ということもさることながら、

表現力という点でも圧倒的に不利なはず。

それを天から降ってきた音楽と言わしめるほど。

まさに神は彼の視力を奪った代わりに

音楽の天賦を与えてこの世に送り出した。

何かをもっていないというハンディが大きな強みになった。

もちろん本人の努力は並大抵のことではなかったと思うが、

人間の底知れぬ不思議さ、可能性を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨前のお嬢さま

まともに撮るとオカルトネコcatになってしまうお嬢さまなので、

今回は少々違うアングルから。

     sleepy        earDcsa0322 Dcsa0325

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケシポン

自分宛の封筒を処分する時に

書かれた住所、名前を隠せるスタンプ。

なかなかすぐれもの。

サイズ、模様共にいろいろあるみたい。

Dsc02345

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期会

去年に引き続き、高校の同期会があった。

二年目ともなると新鮮味も薄れ、出席者も半分くらいに減り、

少々トーンダウンというのが正直なところ。

子供がいて地元に住んでる人はけっこういろんなことよく知ってて、

誰はどうのという人の情報がおもしろかった。

しかしヒッキーの身にはちと疲れた。

二次会もあったけど、サッカーを観たくて帰ってきてしまった。

予想通りのアウェイジャッジには、はあ?って感じだったけど、

なかなか速攻のいい試合だったのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使と悪魔

本はずっと前に読んだのだけど、忘れちゃってたなあ。

やはり原作を読むなり、多少でも予備知識を

仕入れてから観た方がいい。

ヨーロッパの街はきれいだし、教会や禍々しい彫刻なども素敵で

エンターテイメント的には楽しめる。

でも土、空気、火、水に絡んだ凝った惨殺事件や

核兵器のような恐ろしい反物質を奪って脅迫するなど、

いかにもハリウッド的なことだけに意識がいってしまってはもったいない。

科学と宗教に限らないけど、経済活動と自然保護など、

相容れない矛盾を抱えつつ実は互いに必要不可欠な

光と影のようなものの存在に人類はずっと苦しんできた。

どちらか一方の暴走はいけないという

この諸刃の剣的テーマはいつの時代もとても興味深く、

「ダ・ヴィンチ・コード」とはまた違うおもしろさを強く感じることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上春樹が羨ましい

例の1Q84が売れまくってるらしい。

確かに本屋で上巻が売り切れてた。

みんな催眠術にかかったように殺到してるとしか

思えないくらい。

とりあえず買っとくというミーハーも多いのだろうけど、

実質売れてるのがひたすら羨ましい。

誰か本や映画や、なんでもいいから

拙訳書を取り上げてくれたりしないかなあ。

と、おこがましい感想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幽霊屋敷の文化史

新聞の書評欄に載っていたので

涎を垂らしながらさっそく買いに走ってrunしまった。

TDLのホーンテッドマンションの建築様式や仕掛けをベースに、

幽霊屋敷の起源を綴ったもの。

もちろんわが別荘ノイシュヴァンシュタイン城にもふれている。

TDLの例の邸宅は、仔細に観察すると外観にも禍々しい

いろんな仕掛けがあり、

これから邸内で目にするものを想像させられてわくわくする。

しかもリピートしてて内容はわかっているというのに、

何度でも見たいと思わせる飽きない幽霊屋敷。

お友だちになりたいくらいのこの加藤耕一さんという著者は、

まずホーンテッドマンションの仕掛けをつぶさに観察し、

そしてこの幽霊屋敷の見事な幽霊出現トリックが

18~19世紀のヨーロッパで始まった

恐怖を体感して楽しむ娯楽を原型としていることに話を持っていく。

著者は建築の専門家だけあって

アメリカ、日本、パリのホーンテッドマンションを

建築様式的にも比較していて、

ヨーロッパのホーンテッドマンションは日本のような

ゴシック様式風ではないことを指摘。

その理由はヨーロッパにおいては

ゴシック様式の家はあまりにも一般的で、

幽霊屋敷という認識にはならないから、という話はおもしろかった。

わざわざ怖い思いを楽しむなんて、人間ってヘンな動物

だとつくづく思うがそこがたまらなくおもしろい。

Dsc02344

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ええ、キャンセル?

せっかくじいちゃんたちに

仕事ください、とお願いしてきたというのに、

先日、下訳仕事を頼まれた先輩翻訳家から電話があり、

まだ版権も取ってないし、刊行は先の話になるので、

下請仕事はやらなくていいとのこと。

なんだよ~crying

昨日からいい話がまったくないじゃないの。

まわりじゅうが結託して私に仕事まわさないように

してるみたいな気さえする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鎌倉へGO!

久しぶりに晴れたので

信長の命日だし?

梅雨入り前にと思い立って鎌倉へひとっ走り。

例のごとくご先祖さま集団自決の地へ墓参り。

相変わらず鎌倉は人気で人が多い。

でもちょっとそれるとひっそりしてるところもけっこうある。

じいちゃんたちの祠で会った品川から来たというおばちゃんも

裏道を歩き回ってると言ってた。

夕飯用にこんなものを買ってみた。

Dsc02343

| | コメント (0) | トラックバック (0)

orz

先週提出したリーディングのことで

担当編集者さんと話をした。

けっこうおもしろい本だったけど、

その出版社のカラーではなかったので

案の定、う~ん、残念ですねえ、ということに。

他に売り込んでもいいか、という件についても

エージェントの関係で×。

こんなものか、とは思うけど正直がっくりorz・・・・・

モノになるのは100冊読んでせいぜい1冊というのは本当の話。

でもびしばし本を出せてる人もいる中、

やはりリーディング要員なだけかとくじけそうになる。

こだわっててもしかたがないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »