« 村上春樹が羨ましい | トップページ | 同期会 »

天使と悪魔

本はずっと前に読んだのだけど、忘れちゃってたなあ。

やはり原作を読むなり、多少でも予備知識を

仕入れてから観た方がいい。

ヨーロッパの街はきれいだし、教会や禍々しい彫刻なども素敵で

エンターテイメント的には楽しめる。

でも土、空気、火、水に絡んだ凝った惨殺事件や

核兵器のような恐ろしい反物質を奪って脅迫するなど、

いかにもハリウッド的なことだけに意識がいってしまってはもったいない。

科学と宗教に限らないけど、経済活動と自然保護など、

相容れない矛盾を抱えつつ実は互いに必要不可欠な

光と影のようなものの存在に人類はずっと苦しんできた。

どちらか一方の暴走はいけないという

この諸刃の剣的テーマはいつの時代もとても興味深く、

「ダ・ヴィンチ・コード」とはまた違うおもしろさを強く感じることができる。

|

« 村上春樹が羨ましい | トップページ | 同期会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/45247290

この記事へのトラックバック一覧です: 天使と悪魔:

« 村上春樹が羨ましい | トップページ | 同期会 »