« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

ひとつやっつけた

8月の懸案、国際政治を納品。

書かれたのはまだ第二次大戦が終結していない1942年。

著者(アメリカ人)もとっくに死んじゃってるけど、

なかなかおもしろかった。

その国の地理的な位置が政治、経済、軍事に与える影響、

当時のアメリカとヨーロッパ、アジア、南米との関係など、

けっこう含蓄のあることが書いてあって興味深い。

強いアメリカ自画自賛みたいなところもあったけど、

地図と首っ引きで、地理のお勉強にもなった。

この国、ここにあったんだ、なんて、

ホントに世界のこと知らないのね、自分。

抄訳だけどなんで今、こんな古い本出すの?と思ったけど、

あんがいおもしろい着眼点かも。

さて、9月も忙しい。

忙しいほどお金も入ってくればいいのだけどねえ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジョグがてら

ジョギングがてら朝一で選挙に行って来た。

心なしか人が多いような気がした。

結果は予想がつくけど、果たしてこれから先はどうなることやら。

ヘンに恥ずかしいことしないで欲しいよ。

税金の無駄遣いは絶対にやめるべき。

とにかく景気を良くして、みんなに本を買ってもらわねば。

最近、不気味に増えている

車も買わず、遊びにも行かないシンプル族には

本はうってつけのグッズだと思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ

一本メールをうつと、電池切れになってしまうほど

重症になってしまい、ついに機種変に向かう。

二年半くらい前に行ったきりのドコモショップが移転してて

探し回ってしまった。

そんなにいろいろ使ってないくせに

テレビは見られるし、おサイフにはなるし、万歩計にはなるし、

防水だし、どうよ、これ?

仕事が一段落したら、じっくり取説と格闘するか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風は秋

やはり秋だねえ。

太陽が照りつけてもまとわりつくような暑さはないし、風が違う。

いつも指をくわえてのぞいている大天井ヒュッテの管理人さんが

アップしてる山のHP。

山や花がそれは見事で、ザックに荷物を詰めて

飛んで行きたくなってうずうずする。

掲載されてる写真がやはりこの一週間くらい秋なんだな。

別に紅葉してるわけじゃないけど、色が違う。

きっと空気が違うんだね。すごくよくわかる。

デッドラインに向かってひたすらねじり鉢巻状態の今・・・・秋を思う。

Dcsa0380

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆく夏・・・

高校野球が終わった。

試合は最終回2アウトから、をまさに地で行くラストの猛追に

新潟県民はさぞかし興奮しただろう。

どの試合もそうだったけど、

試合が終わって握手する時の両選手たちの晴れやかな顔。

悔しくてブチ切れそうにだった子もいただろうけど、

力を出し切って悔いなしというすがすがしい顔が

多かったような気がする。

そんな高校野球が今年も終わった。

いつもそうだけど、ああ、夏が終わるんだ、と思うと

ちょっと寂しくなる。

さあ、追い込みですよ、夏休みの宿題の・・・・

じゃなくて締め切りの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tanz der Vampire

帝劇でミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を見てきた。

脚本・歌詞はミヒャエル・クンツェ、音楽はジム・スタイマン。

一昨年も見てるけど、やっぱヴァンパイアときたら

行かずにはいられない。

なんといっても、闇の世界に誘われていくおどろおどろしい後半が好き!

黒い人たちが現れて、無垢な少女をいざなっていく場面や、

教授たちが眠る寝室での乱舞、

マイケル・ジャクソンの「スリラー」を思わせる舞踏会の場面など

わくわく、ドキドキもの。

お目当ては伯爵の影役、新上裕也。

オカマヴァンパイヤ吉野圭吾のはじけっぷりは最高。

伯爵役の山口祐一郎はうまいけど、

どうしても松平健将軍さまに見えてしまうが。

ああ、ヴァンパイヤになってみたい。

っつか、ああいう格好してみたい。

とぉっても楽しいヴァンパイヤナイトだった。

Dsc02396

| | コメント (1) | トラックバック (0)

救命病棟24時

江口洋介、松嶋菜々子主演の医療ドラマ。

別に見てないのだけど、なぜか母がコーラスの関係から

その他大勢とエキストラ出演することになり、

昨日、汗だく疲労困憊の大変な撮影を終えたらしい。

本人は編集で切り取られて映ってないかもしれないけど、

喪服姿で出棺を見送るシーンらしいので

見てる人はチェックしてみてネ。

放映は9月8日(火)夜9時~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界陸上

寝る直前にパソコンに向かって仕事してると

目が冴えて眠れなくなることが多い。

昨夜もついに諦めてポーの原文を読んだりしてたが

途中でベルリンの世界陸上を見てしまった。

やはり200でも世界新をたたき出した

ボルトの余裕の走りと、

ハイジャンプのお姉さんたちの

ぺったんこのお腹に目が釘付け。

ちゃんと寝ないと頭がヘンだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

固定電話?

携帯mobilephoneの電池がもたなくなってきた。

充電しても充電してもメール一本打っただけで

すぐに棒が減っていく。

つなぎっぱなしで、携帯どころじゃない。

これって固定電話か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟くんの誕生日

なぜか、自分の誕生日といつも曜日が一緒。

今日は弟くんの誕生日。

花のアラフォー、厄年(後厄)です。

昔はイチローくんのように細くてかわいかったのに、

この頃、清原みたいにどっしりしてきた。

一年にいっぺんしか顔見ないけど、

骨拾ってもらうんだから、元気でいなさいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ騒動

ポーの原稿をずっと待っていたのに宅急便が来ない。

おかしいな、と思ってポストを見に行ったら

メール便の速達で来ていた。

H書房はいつも宅急便なので騙された。

出かけないで待ってたのに~sweat01

なんだか前もこんなひとりプチ騒ぎがあったな。

原稿はポーへのオマージュ作品なので、

さっそく元になってる小説を探す・・・・と、蔵書の中に見っけ。

コワい写真を撮るので有名なサイモン・マースデンの

おどろおどろしい写真とポーの小説をコラボさせた

お気に入りの「ポーの黒夢城」の中に一編。

読み返してみてやっぱ身震いした。

もう一編は残念ながらなかったので、アマゾンでゲット。

こういうのって楽しnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校野球

夏の風物詩。

いいねえ、若い子たちが元気はつらつで。

まだ体も細っこくていかにも若いって感じだし、

かわいいし。

あんな息子がいたら、絶対甲子園baseballに応援に行っちゃうゾ。

ああ、オバさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしてこう・・・・・

重なる時は重なるんでしょう。

仕事がない、とぼやいていたら

H書房から短編の依頼が。

こないだ日経にも記事が載っていたけど、

今年生誕200年の大御所ポーへのオマージュものなので

ぜひ、ぜひやりたいと引き受けたのはいいけど、

締め切りは9月半ば。

ああ、どうしよう・・・・ロマンスもの。

どの仕事もそうだけど、偏る時は徹底して偏る。

こればかりは読めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タバコ狩り

昨今の徹底したタバコ廃絶運動への苦言。

というか、筆者にとってタバコを吸う、吸わないの問題ではなく、

世間の過剰なまでの“臭いものにフタ”ならぬ、

“臭いもの撲滅”的指向への危機感を書いたもの。

世の中には光と陰があり、両者があってこそ成立するものなのに、

陰の部分、悪いもの、システムから外れたものを

すべて抹殺しようとヒステリー状態になっている。

まるで中世の魔女狩りと同じであり、何かがおかしい。

要するに人間っていつの時代でもスケープゴートが

欲しいんだね。

どうせ人間はどんな形であれ、100%死ぬ運命。

タバコごときで大騒ぎしたからって何になるのかね。

41bjm5y4vl__sl500_aa240_

| | コメント (3) | トラックバック (0)

一番搾りCM 

イチの一番搾りCM 祭り編

いや、うまそ~。 ホントにうまそうないい顔してる。

思わずビールbeer飲みたくなるゾ!

200本までもうカウントダウンだ。

http://www.kirin.co.jp/about/toku/ad/IS/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

64年前のあの日

見たことのない64年前のこの日に思いをはせる。

終戦直前、直後に亡くなった人、新たな地獄が始まった人、

大人も子供も本当にそんな人たちが数え切れないぐらいいた。

生活が、価値観が180度変わってしまうというのは

どういうことなのだろう。

咳が止まらず、ビールもおいしくないし、

頭が沸騰して仕事も進まないけど、

そんなこんなをつらつらと考える。

あの日も体調が悪い中、朦朧としながら

玉音放送を聞いた人たちが確実にいたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史街道

Dsc02392 新聞の広告を見て思わず買いに走った。

だって特集“お城に伝わる怖い話”だって。

エセ暦女でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も御巣鷹の日

もう24年前のことになってしまったんだ。

時はどんどん進み、過去を置き去りにしていく。

身内や知り合いに犠牲者が出たわけじゃないけど、

毎年あの日の戦慄を思い出し、

どんなことを考えたのか、痛かったのか、苦しかったのか

ひとりひとりの最期に思いをはせる。

人の死とは何かを思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本に埋もれて死亡?

昨日の地震のせいなのか

静岡で大量の本bookに埋もれてこと切れてた女性がいたそうな。

マジっすか?

うちには死ねるほど大量の本はないはずだが・・・・ないよね。

しかし・・・・阪神クラスのホントにすごい地震の場合、

あの重たいピアノがずざざっと動く、

食器棚の皿が弾丸のように飛び出してくるという

戦場のような状況になるらしいので、

ちっと重たい本が矢のように飛んできて打ち所が悪かったら・・・・

一冊でもあの世行きということはありえるかも。

大量の本と一緒に寝てる三浦しをんさん、

気をつけてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地震、台風・・・・

久々の大きな地震で目が覚めた。

乱雑に積んである本が倒れたり落ちたりしてた。

しばらく地震ないね、なんてこないだ話したからかな。

大きな被害をもたらした台風も近づいてきてるという時間に

ざわざわと不穏な気持ちになった。

結局、台風はどこへ?という結果だったけど、

自然現象はいくら予知ができてもどうしようもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川上麻衣子

女優でガラス創作家の川上麻衣子ちゃんの

特集番組をやっていた。

自慢じゃないけど、彼女の実家はうちの実家のそば。

子供の頃は家族ぐるみのおつきあいをしてて

さまざまな思い出がある。

テレビでしか見たことがなかったムーミンの漫画本を読んだもの

川上家でのこと。

川上家ともうひと家族、つまり大親友の家庭は

インターナショナルな家だったので大いに影響受けた。

麻衣ちゃんは早くから女優デビューしたけど、

ご両親もデザイナーだから、やっぱりクリエイターの血が流れてるんだね。

彼女がデザインした和風とも洋風ともつかないガラス器はなかなか素敵。

アイドル的に人気が爆発したような女優ではなかったけど、

芸能界で息長くやっているのは生き方がブレてない証拠。

これからも演技にガラスに、自分の感性を信じて頑張って。

陰ながら応援してるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ひいた

ん? と思ったらもう深く静かに潜行されてた。

土曜日の昼にちょっと喉がおかしいと思ってたら

すっかり喉と咳とハスキーボイス。

真冬ですらひかなかったのに。

パソコンもぶっ壊れ、自分もガタがきて、

どうしてくれよう。

土曜日に一緒だった皆さま、

おすそ分けしちゃってるかもしれないのでご自愛くださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カフェテラスワン

近くのカフェでブランチしてみた。

住宅街の中に埋もれてて

つい見過ごしてしまいそうな場所にある。

普通の家のサンルームをダイニングにした感じ。

昼時だというのに、他に客は誰もいなかった。

静かでゆっくりでき、

いい気候なら庭で一服も乙なもの。

Dcsa0357 Dcsa0358 Dcsa0360 Dcsa0359

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も納涼会

小学校五年トリオで恒例ケンタ納涼会。

半年毎のご機嫌伺いといったところでしょうか。

親のこととか自分の健康とかともすればクラい話題が多くなる中、

超ローカルな話で大いに盛り上がったのはやはり地モッティならでは。

子供の頃、駆けずり回っていた一帯も今はすっかり様変わりしたけど

確実にわたしたちの歴史が刻まれてる。

姿は変わってもあの頃抱いていた

“感覚”は消えないもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

冷やしてます

世の中お盆休みらしいけど暑いsweat01

冷え冷えグッズ総動員で鋭意仕事中。

冷やしてるのはパソコンだけど。

ダウンしないで頑張ってくれたまえ。

Dsc02391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またダウン

一週間前に直したはずのパソコンがまたダウン。

機器的には壊れてないって言われたけど、

これってやっぱりHDDがいかれてるってことじゃないの?

ただリカバリかけただけで金とられてバカみたい。

ちょっとこれはクレーマーに変身だな。

ったく、このクソ忙しい時にどうしてこうなるかな。

たいていそんなもんだろうけど。

※追伸: 結局、直らなかったと騒いでクレーマーと化し、

返金してもらった。おばさんはコワい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例全生庵

恒例の夏のイベント。

毎年8月の一ヶ月だけ公開される全生庵

円朝コレクションの幽霊画。

今月末締め切りがあり、またすったもんだしそうなので

今年は早めに攻めてみた。

やっぱりこれを見ないことにはねえ。

円朝の命日をはさんでいろんなイベントがあり、

ホントは落語なども聴きたいのだけどねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

命短し

何を気に入ったのか

うちの網戸に何時間もとまってたセミくん。

短い命、せいいっぱい生きてくれ。

Dsc02390

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無邪気なキューピッド

8/5に出ました。

なんだかすれ違いばかりでぎくしゃくしている

元恋人同士。

飼い犬がその仲を取り持つというユニークな設定。

いたずら好きなワイヤーフォックステリアがはちゃめちゃでかわいい。

ワンちゃん大好きな人にお薦め。

Dsc02388

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年もメメント・モリ

またこの季節がやってきた。

今日は広島、そして9日は長崎。

この暑い最中、苦しんで苦しんで死んでいった人たちを思うと

戦争とは遠く離れた自分ですら戦慄が走る。

式典の模様をちらっと見たけど、市長と子供の読み上げた

文章にぐっときた。

負の遺産から目を背けることなく、学習して未来へつなぐ・・・・

これは原爆だけでなくすべてにおいて言えるのではないか。

人間は忘れる動物。

歴史を学ばないとまた同じことを繰り返す。

温故知新・・・・・だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑点テッシュ

ビールのおまけ。

Dsc02385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなり必死

今月いっぱいの仕事は国際政治。

わりと平易な文章とはいえ、???という箇所もあり

なかなか苦戦してる。

今回はなぜかいつもよりページ数が多いロマンスものも

オンラインデートの話のせいか、IT用語満載で

あっちこっち調べ物だらけ。

○■△□◎※●のためのプログラミング言語とか

辞書やウィキペディアに出ていても、

日本語の意味がわからん。

けっこうきつい一日のノルマ、今日はなんとか達成できそう。

ふうsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイチュウ横浜バージョン

杏仁豆腐味。

Dsc02386

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人はなぜ旅をするか

おもしろいTV番組をやってた。

人はなぜ旅をするか、というテーマなのだけど

日本全国のすべての鉄道駅trainに降り立ってギネスに載ってる人や

全国の郵便局postofficeを巡っている姉妹(局めぐというらしい)を紹介。

世の中にはいろんな人がいるんだねえ。

クロスワードやジグソーパズルのように隙間を埋めて

ぴっちり合わせるという感覚が好きなので、

そこまでしないけど、なんだか気持ちはよくわかる。

ああ、旅shoeに出たくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルメンな気分

フェスタサマーミューザ第二弾。

カルメンハイライトに行ってきた。

さまざまなバージョンで演出される魅惑的なオペラのひとつ。

久しぶりに聴いたせいか、妙に緊張感があって良かった。

カルメン役のメゾ(シルヴィア・ケヴォルキアン)は

もちっと声量が欲しい気もしたけどいい声だったし

さすがに演技もグー。

ホセ(成田勝美)はテノールにしてはタッパがある人だったな。

低音の魅力エスカミーリョ(黒田博)の方がキャラとしては

好きだけど。

ああ、仕事しなきゃ、仕事しなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の夕暮れコンサート

本日はピアノ。

例のごとく付け焼刃で一週間くらい前から慌てて練習し始め、

前回とほとんど進歩がないという体たらく。

最初はちっともうまく弾けないと嫌気がさすのだけど、

不思議なもので、ちょっと数時間弾いてると

やはり違いが出てきて楽しくなってくる。

確実に前回より弾けるようになっているのだ。

何でも繰り返し練習することは決して無駄ではない、

とつくづく思う。

だから嫌でも“この日に先生のところに行く”と

義務づけないと自分だけでは続かないだろう。

夕方は先生の自宅近くのテアトロジーリオショウワで

ピアノ、ヴァイオリン、テノールによる

ドリンク付のちょっとしたコンサート。

おなじみの小品とおしゃべりで素敵な夏の宵を過ごした。

やはり音楽は心の糧、人間が作り出した

すばらしいもののひとつだ。

Dsc02387

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »