« ああ、寂しい | トップページ | ビートルズ リマスター版 »

ラバウル温泉遊撃隊

温泉ライターの著者が

戦時中、日本兵が入っていたという

ラバウルの“宇奈月温泉”を求めて奔走する。

その所在の真偽を確かめようと、元日本兵たちを訪ね、

どなられつつも、すっぽんのようにくらいついて

ついにジャングルの奥地にある

ただ湧いているだけのその温泉にたどり着く執念には頭が下がる。

明日をも知れない命の日本兵たちが

60年以上前にどんな思いで湯浴みしていたのか、

なんだか遠い目になってしまいそうだ。

生命の危険もなく、ゆっくり湯につかって疲れを癒し、

ビールで乾杯なんてお気楽な温泉を楽しめる

今は本当に幸せだ。

それにしても日本人はホントに温泉が好きなのだと改めて思った。

太古の昔から大地の恵みを活用し、その効用をよくわかっていた

日本人の知恵に脱帽。

fuji行って、汗sweat01かいて、温泉spa入って、ビールbeer飲みたい~

51nxhc9mxml__sl500_aa240_

|

« ああ、寂しい | トップページ | ビートルズ リマスター版 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/46187894

この記事へのトラックバック一覧です: ラバウル温泉遊撃隊:

« ああ、寂しい | トップページ | ビートルズ リマスター版 »