« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

愛の嵐

シャーロット・ランプリングがらみでついにこの問題作をゲット。

1973年の衝撃的な映画。

強制収容所でナチの将校に弄ばれたユダヤの少女ルチアが

戦後、十数年たって幸せな指揮者夫人としてウィーンにやってくる。

そこで今はナチ狩りを恐れ、ひっそりとホテルの夜勤のフロント係をやっている

忌まわしきその男と再会してしまう。

決して消えることのない悪夢がよみがえり、

引き返すことのできないふたりは一気に悲劇へと突き進んでいく。

反吐が出るくらい嫌なはずなのに、どんどんのめり込んでいくという

異常な人間の性(さが)を生々しく描いていて、

こんな関係もあるのだと改めて衝撃を受けた。

まるでポルノ映画の宣伝文句のように

過激なセッ○ス描写とか、言われているが、

裸で抱き合う場面などいっさい出てこない。

しかもシャーロットの小さな胸やあばらの浮き出た体は、

そのテの映画にはまったくそぐわない。

ところが不思議なことにちょっとした仕草や表情に

ものすごく獣性を感じ、頭がおかしくなりそうになる。

ビンから手づかみでジャムを食べるその仕草、

上目遣いで猫のように盗み見るけしかけるような瞳。

こんな不思議な女優がいるだろうか。

わざわざ悪夢に自ら飛び込んでいく、

考えられないがわかるような異常心理。

戦後、ナチの残党がナチ狩りを恐れて生き証人を消そうとしていた事実。

このふたつが何より恐ろしい。

まさに悪夢になりそうなのに、こっそり観たい恐ろしい映画だ。

ずっと前に深夜にテレビでやっていたのを初めて観た。

例のナチの将校たちの前でルチアが半裸で歌わされる有名な場面で、

親が起きてきてしまい、大いに焦った記憶がある。

しかし、この邦題と無修正ノーカット完全版って

何とかならないかなあ。

Dsc02441

| | コメント (2)

今年も咲きました

みせばやの花

数日前  Dsc02430           

  本日  Dsc02435         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒野の七人

先日、チャールズ・ブロンソンの映画を

TVでやっていたせいか、なぜかこれを思い出して再鑑賞。

そうです。「荒野の七人」

やっぱ、何度観てもしびれるねえ。

小学生の頃、この映画を初体験してしびれ、

七人の中で一番好きなガンマンはジェームズ・コバーン

と話したら、渋いねえと言われた。そりゃ、そうだろ。

その後も一貫してこういうタイプが好み。

しかも吹き替えは次元大介の小林清志heart04

この映画、言わずと知れた黒澤明監督「七人の侍」のリメイクだけど、

もちろんこの中でも一番好きなキャラは宮口精二扮する

寡黙な剣客・久蔵。

みんな、死んじゃったね。

と思ってたら、ロバート・ヴォーンが存命なのを発見。

Dsc02439

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さらば愛しき人よ

久しぶりにまた観た。

チャンドラーの同名小説の映画。

なんといっても悪女ベルマを演じる

シャーロット・ランプリングにラブだね。

悪女やらせてもピカいち。存在感あって素敵heart04

今回、シルベスター・スタローンがセリフもないチョイ役で

出ているのを発見。

マーロウのイメージはロバート・ミッチャムでもないし、

ボギーでもない。俳優だったら誰だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚詐欺

男性が何人も連続不審死。

その裏にひとりの34才の女の影あり。

結婚をちらつかせて何千万も貢がせる、

こういう話が今どきホントにあるんだ。

つくづく事実は小説より奇なりと思う。

よっぽど美人なのだろう。

早く新聞に顔が出ないかと期待してるのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小ゲラ

予想どおり、ポーのゲラが到着。

小ゲラの部類なので、あまり時間をかけずに

さらっと片付けよう。

じっと見てるとまたあれこれいじりたくなるから。

すべてポーへのオマージュ作品なので、

他の作品も楽しみ。

年内に出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなものをもらった

終了祝いということで、シャンパンをもらった。

何が終了したかというと、

実はわたくし、2007年暮れから歯の矯正をしておりました。

別に芸能人になるわけではないし、

歯並びの悪さをとやかく言われたこともないのだけど、

けっこうな年になってから、わりと目立つ乱杭歯が気になって

どうしようかうじうじしてた。

会社を退職した年に、卒業記念ということで

ついに思い切って大枚はたいた。

その矯正がいちおう終わり、保定期間に入ったということで

かかっている歯医者からご苦労さまという意味。

矯正なんて年くってたらもうダメだと思ってたけど、

ちゃんと歯って動いてくもんなんだねえ。

Dsc02433

| | コメント (5) | トラックバック (0)

広辞苑

歯医者ついでに今日から始まった

神田古本まつりに寄ってきた。

まだ店舗は靖国通り沿いに出ているだけだったけど

例年と同様けっこうな人出。

世の中、本が好きな人が多いのになぜ売れない?

で、職業柄、この必需品を持っていないのが

かねてから気になっていたわたくしsweat02

探しましたよ。広辞苑を。

今の最新版は去年出た第六版なので、

第四版くらいがぼちぼち出回っているのではないかと

あたりをつけた。

ざっと見て、第四版2000円というのをゲット。

しか~し、見つけてしまったsweat01

第五版2000円というのを。見なきゃよかったsad

あれはすご~く汚いに違いない、と思うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堂々

近所にいるノラちゃん(かな?)。

たいていの子は近寄ると逃げるけど、

この子は堂々たるもの。

カメラ近づけても、じっと視線をはずさない。

お見事。

20091022154725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりきたね

巨人め。

日ハムよ、頑張ってやっつけてくれ。

矛盾してるが、ガッツは頑張ってね。

今日は寒い。風邪ひきそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0系

団子っ鼻がかわいい初代新幹線bullettrain

大宮の鉄道博物館で展示開始。

見に行きたいゾ~

やはりなんといっても初代に郷愁がある。

5才まで静岡の清水に住んでいたが、

埼玉の親戚の家に行くのに、

わざわざ新幹線を使って東京へ出たおぼろげな記憶がある。

親が乗りたかったんだね。

0keihakata1 C26126s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いな田

近所にあるキムタクママのイタめしレストランが

今月20日で閉店。

前のラ・ボニータから変わったのは何年前だったか。

休業となってるけど、もう止めるんだろうな。

ずいぶん前に一回行ったことがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血液検査

ジンマシンの原因を調べるために血液検査したのだけど、

アレルギーなし、内臓疾患なしで原因不明。

やはり新手の更年期か?

今のところ治療の手立てはなく、症状が出たら薬を飲むという

対処療法のみ。

更年期ならもっと年くったらぴたっと止まるのだろう。

やたら汗かくとか、イライラしたりだるいのも嫌だけど

痒いのもツラいっす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お嬢さまの寝姿

晩秋のお嬢さま。邪魔してごめん。

飼い猫は10年以上生きると神通力がついて

妖怪化するらしいが、して?

十分、妖怪かも。

20091011002512 

20091011001026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショパンに飽きたらミステリー

ミステリー好きピアニスト

青柳いづみこさんのエッセー。

古今東西問わず、音楽が絡んだミステリー本を

紹介しているもの。

ホントによく読んでます、この方。

好きこそものの・・・・じゃないけれど

いろいろ知ってるということは強み。

あとがきに知ってる編集者とか、翻訳家の名前があがってることなどから

やはりミステリーの話ができて、おもしろいね、ということになって、

こういう企画が通るわけなんだな、と。

つくづく思うけど、単に英語ができるとか、本が好きとかじゃダメ。

編集者と話した時に、自分はこういうものが好きで

何を読んでいるという個性が出せないとなかなか使ってもらえない。

それにはやっぱり蓄積なんだね。

昔から本を読むのは好きだったけど、

ミステリーに限らず、突っ込んだ話ができるほど読んでない。

プロとしてまだまだだと思う次第。

読むまで死ねるか、という本ばかりだ。

それにしてもピアニストで文筆家なんて羨ましい職業。

と思うのはわたしだけ?

516vb0wcdfl__sl500_aa240_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルワクチン

とりあえず優先順で接種が始まったが、

希望者全員にできるかも、という話もある。

友人曰く、みんなが接種すれば

流行らないからしなくてもいいよね~だって。

一理ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理番組

好きですね~

よく見てるのが、ウチゴハンとか男子ごはんとか。

すぐパクッてやってみるけど、

イマイチなのは番組ほどうちの包丁の切れ味が良くないこと。う~ん。

子供の頃、グラハム・カーの「世界の料理ショー」って

料理番組があった。

http://www.youtube.com/watch?v=8XdXxEZQHj0

おもしろいことしゃべりながら、ワイン飲みながら、

豪快に料理するおっさんが楽しくて、

よく真似してビール飲みながら酒のつまみを作ったものだ。

なんでもおいしそうです。特に人の作るものは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドミンゴ祭り

フランコ・ゼッフィレッリ監督、プラシド・ドミンゴ主演の

「カヴァレリア・ルスティカーナ」と「道化師」を観てきた。

両方とも悲劇なのだけど、

やはりさすがに世界的歌手なだけあって迫力満点。

思わずのめり込んだ。

「カヴァレリア」の間奏曲、「道化師」の“衣装をつけろ”は

CMや映画にもよく使われる有名な曲。

特に「衣装をつけろ」は、

女房を寝取られた苦しみ、悲しみを笑え、と

現実の悲しみすらも、客を笑わせる ネタにしなくてはならない

悲しいピエロの慟哭を、鳥肌がたつほどの哀切で歌い上げ、

頬に涙が伝うのも気づかぬほど。

映画でこれだけすごいのだから

生だったらさぞかししびれたことだろう。

Dsc02429

追伸:我がクイーンのフレディ・マーキュリーが

「衣装をつけろ」のあの有名フレーズを冒頭に使った

その名も「It's A Hard Life」という曲を作ってる。

さすがオペラ好きのフレディheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エドガー・アラン・ポーの世紀

今年生誕200年のポーを

音楽、映画、芝居、その他あらゆる分野における

その影響力から考察したもの。

生前は不遇でド貧乏だったポーも

後世の者が200年にも渡ってこんなに騒いでいるとは

あの世でびっくりしているかもしれない。

シェークスピアでも、ダ・ヴィンチでも、モーツァルトでも

あまりに偉大でユニークな人たちは、

本当にこの人ひとりであれだけのものを生み出したのか、

本当に存在していたのか? いったい彼は誰だったのか? 

とよく思うし、誰か別の人間だったとかいう説も多々ある。

神が彼を媒体にして作品を世に送り出している

と考えたくなるのも無理はない。

41lc0qusswl__sl500_aa240_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そっくりさん

キリンラガーのCMに出てる楽天マーくんのお父さん

http://www.kirin.co.jp/brands/RL/cm/index.html

と、谷村新司。

ちょっと斜めからが似てません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジュメできた

一日かけてレジュメ作り。

こっちはすったもんだして文章作ってるのに、

新聞の記事書いてるような人は極めて短時間に

簡潔でわかりやすい文章を作る。

いつも思うがすごい。でもとにかくやっつけて納品。

おもしろかったけどね。

またしてもダブルロマンスがビハインド。

今月はポーのゲラもきそうでまた計画が狂いそうだ。

とりあえず今日は日本語の本が読みたい。

っつうか、図書館でかりた本、もう返さなきゃいけないのに

まだ読んでないのだ。

9月末に新しくしたケータイmobilephoneの取説もまだ読んでない。

ああ、宝の持ち腐れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい香り

この時期、鼻腔をくすぐる香りかな。秋だなあ。

20091011103023

|

百年の孤独

すごいです。この焼酎。

さすがにお値段が張るだけある。

まるで芳醇、濃厚なブランデーのよう。

とても焼酎とは思えない。

ああ、ガルシア・マルケス。

こんな貴重な酒はちびちびやらせてもらいます。

Dsc02428

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歴史ミステリ

世の中、三連休らしい。

天気はいいが寒い。そろそろ冬物を出さないと風邪ひきそう。

って、いつの間にかこんな時期になってしまった。

格闘しているリーディングは歴史ミステリ。

時は16世紀。神がこの世のすべてを創造したと人々が信じていた時代、

その反面、いろんなことが少しづつ科学的に解明されつつある時代でもあった。

いつの時代もそうだけど、保守派と改革派のせめぎあいがあり、

それに伴いさまざまな陰謀がうごめき、不気味な人間たちが暗躍する。

まだそこまで読んでないのだけど、

そうなりそうななかなかおもしろそうな話。

自分の英語力のなさが歯がゆい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔を偲ぶ

親友とそのお母さんと飲んだ。

実家が近所なので子供の頃、本当にお世話になった。

共に幼稚園中退という輝かしい過去があるわたしたち。

超ローカルなその話題で盛り上がり、時のたつのも忘れるほどだった。

一昨年、お父さんが亡くなり、

その前に注文していたという焼酎「百年の孤独」をいただいてしまった。

恐縮すると同時に涙がこぼれた。

実家の近所も今流行の老人世帯ばかりになってしまい、

時代の流れを感じる。

知っている人が亡くなる話が多くなってくるのは

しかたがないにしてもやはり寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買おうかどうか

岸本葉子さんのエッセイ。

けっこうお値段のはるものから安いものまで

自分が購入したものにまつわる失敗談、その後の所感を

事細かに記したもの。

ちょっと想像してた内容と違ったけど

ありがちな買い物時の迷いや後悔に

なんでこんなことで悩むの?という部分と、

わかるわかるという部分と両方。

くだらないといえばくだらない本だけどねえ。

誰でもいいものをリーズナブルな値段で買いたい。

しかも役に立つし、お気に入りだし、人には褒められるしと

買った後でも大満足したい。

そこらへんの女性ならではの心理。

バッグみたいにどんなに外見気に入っても、

実際に使ってみないとわからないという

リスキーな買い物もいっぱいありますからねえ。

深く考えずになんでも

バンバン買えるくらい金持ちなら悩まないのだろうけど。

もっとも安上がりなのは「買わない」という選択、というくだりには

痛いとこつかれましたです。ごもっとも。

32289164

| | コメント (1) | トラックバック (0)

邪魔が入る

必ず崩れるスケジュールがすでにもう崩れかけてる。

また、H書房よりリーディングの依頼。

嬉しい悲鳴のはずなのだけど、

どんどん青くなっていく。

他社へ御用聞きどころではなくなってきた。

恨むはおのれの英語力か。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なめんなよ

ものすごい台風がまさに列島を縦断してる。

なにも全部なぞるようになめていかなくても・・・・

こちらは台風一過の晴れ間が出てるけどまだ風がすごい。

倉庫が倒壊したりトラックが横転したり、あちこちめちゃくちゃで

ゴジラが歩いた後みたいになっているようだけど、

みなさまの地域では大丈夫だったでしょうか。

自然の力はホントに恐ろしい。

この台風のものすごいエネルギーを何かに

利用できないもんでしょうかね。

と常々思っているのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子こしょうせんべい

こんなものを見つけたので思わず。

なかなか柚子、柚子してますね。

Dsc02425

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ひい~、やっつけた

短期間で350ページ読んでレジュメをまとめるのは

あまり英語ができない身としては辛い。

これが日本語の本なら問題ないのだけど。

って当たり前か。

なんで他の言語ってできないんでしょうかね。

某翻訳家の方はおもしろい本なら一日で読めると言っているけど

おもしろくてもそれは無理だ~

でもとりあえずやっつけた。

結論から言うと今回の本はおもしろかった。

日本語の本が読みたいぃぃぃ。

いつの間にかイチの試合も終わっちゃって、

毎日の楽しみがなくなってしまった。

なんて、言ってる場合ではないのだ。

いつの間にやら米びつが空になっていたので、

こういう時、ネットスーパーは助かるぞぅ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プチ諏訪湖マラソン

ちっともヒマにならないが、いっときのストレス解消を求めて、

上諏訪温泉に行ってきた。

端境期のせいか、ほとんど貸切状態で

めいっぱい温泉spaを堪能できた。

ああ、やっぱり温泉は生き返る。

翌朝には諏訪湖のまわりをちっとだけジョグrun

気持ちいいゾ。

ところが、こんな時になんと携帯でH書房につかまってしまい、

超特急のリーディング依頼sweat02

映画化が決まりかけているので決断を急いでいるのだとか。

よせばいいのに、結局、受けてしまったバカものじゃ。

帰ったら地獄shockが待っているので

せめて温泉を楽しんだ。

Dsc02405

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »