« 模様替え | トップページ | 今年も咲きました »

レポメン

時代は近未来。

高額のローンを組んで人工臓器を買うのが当たり前の世の中。

しかしローンが滞ればレポメンという取立て屋に

ご当人の生死に関わらず強制的にブツを回収されてしまう。

ところがかつて腕利きのレポメンだった“おれ”が

今度は追われる身になって・・・・という逃走劇。

五人の元妻や軍隊にいた時の回想部分が頻繁に挿入され、

少々錯綜としているが、

ハードボイルド調の語り口にスピード感がある。

昔、帚木蓬生の臓器売買のフィクションを読んだことがあって、

闇の世界で現実に行われている話が恐ろしかったけど、

このレポメンもまったくありえない話ではないと

思うとそら恐ろしい。

目のつけどころがおもしろい作品だった。

217331

|

« 模様替え | トップページ | 今年も咲きました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れさま♪

それぞれの感想を聞けてナルヘソ~(古いか)どした。
特に男性Y氏の意見は、は~~~
男ならではだなぁ
あれは私にはわからんわ~
と。
それがまたおもしろか~~

投稿: うなみ | 2009年11月21日 (土) 22時42分

たぶん自分からは読まない本だったろうから
こういう集まりはいいですね。
とにかく読書不足。
ばんばん読まなくては。

投稿: konohazuku | 2009年11月22日 (日) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/46819969

この記事へのトラックバック一覧です: レポメン:

« 模様替え | トップページ | 今年も咲きました »