« ポーに捧げる20の物語 | トップページ | 書店くじ »

メメント・モリ

藤原新也さんの世界各地で撮った写真と詩。

死は貴賎老若男女問わず

生きているものすべてに平等に確実に訪れる。

死が見えてこないと、本当の生も生きられない。

死は生のアリバイである。

死とは、死を賭して周りの者を導く、人生最期の授業。

この世で唯一確実なことであるのに、

未知で不安な死。

いくら思ったからって答えは出ないけれど、

だからこそ死を考え、限りあるいのちを考えよ、ということ。

荼毘にふされる遺体のちょっとショッキングな写真などもあるが、

死を忌み嫌いフタをしすぎている現代の日本への警鐘として同感。

51sriualil__sl500_aa240_

|

« ポーに捧げる20の物語 | トップページ | 書店くじ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/46957212

この記事へのトラックバック一覧です: メメント・モリ:

« ポーに捧げる20の物語 | トップページ | 書店くじ »