« 虫の居所が悪い | トップページ | パリ 地下都市の歴史 »

いい加減な人ほど英語ができる

タイトルに惹かれてぱらぱらと読んでみたが、

いやはや、なんともスノビーな内容だった。

受験英語じゃ身につかない、

もっと実践で英語を楽しく遊びながら身につけようって

趣旨はわかるけど、

神戸女学院出らしいお嬢さま著者の

わたしは、わたしだったら、わたしなら、わたしなんぞ、

というセリフのオンパレード。

わたしの英語力などたいしたことはない、と言いつつ

セレブな方々や外国人の知り合いがたくさんいると、

思いっきり鼻高々なのが行間からふんぷんとしてる。

本というものは著者の主観で書いてあるのは当然だけど、

ここまで鼻につく本は久しぶり。

時間と金のムダだったと思うものが多いのも

まあ、玉石混合読書のひとつの興か。

|

« 虫の居所が悪い | トップページ | パリ 地下都市の歴史 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/47572311

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減な人ほど英語ができる:

« 虫の居所が悪い | トップページ | パリ 地下都市の歴史 »