« 方言 | トップページ | ウツボカズラ »

戦場のアリア

1914年冬。

フランス北部の戦場で熾烈な戦いを続けている

フランス、スコットランド連合軍とドイツ軍の兵士たち。

クリスマスイブの夜、塹壕から聞こえてきた

スコットランド兵のバグパイプの音色に、

ドイツ兵テノール歌手の歌声がかぶさる。

それはクリスマスだけの休戦を交わすまでになり、

兵士たちは束の間の親交を深め、

何のための戦いなのか疑問を抱くようになる。

本当にあった話をベースとした映画。

おそらく、こんなに簡単にはいかないだろう。

愛する人たちを殺されたら、決して仲良くなどなれないだろう。

きれいごと、なのは百も承知。

でも音楽の調べが心をつなぐのは昔も今も変わらない。

そして人間の良心に一縷の望みをつなぎたいのは

昔も今も変わらない。

|

« 方言 | トップページ | ウツボカズラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/48136413

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場のアリア:

« 方言 | トップページ | ウツボカズラ »