« 猫、iPad検分す | トップページ | 預言 »

夕暮れをすぎて

久しぶりに大御所スティーヴン・キングを。

秀逸な短編集。

この人、ただのホラー作家ではなく、

かなりの社会派でもある。

幽霊話あり、ブラックな皮肉あり、

現実に起こった事件に寄せたものあり、

これだけ多芸なストーリーテラーは珍しい。

冒頭の「ウィラ」は大好きなとある映画に似た話。

その映画名を書いてしまうと、

ピンとくる人もいると思うので、

ネタばれになってしまうから伏せときます。

「ジンジャーブレッド・ガール」は

後半がぜん現実的になってくるのだけど、

わたし的には前半の主人公の心情描写が好きだ。

感動した・・・・・といっていいほどだったのは

「彼らが残したもの」何のことをいっているのか

途中でわかるのだけど、読後の余韻が胸にいつまでも響く。

ああ、こういう不思議な話の書き方もあるのだと改めて感心。

この三篇が特に好きでした。

スティーヴン・キング著、白石朗ほか訳(文春文庫)

51hvg6gakjl__bo2204203200_pisitbsti

|

« 猫、iPad検分す | トップページ | 預言 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/48542993

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れをすぎて:

« 猫、iPad検分す | トップページ | 預言 »