« 脱帽! | トップページ | 無性に疑問に思うこと »

パイレーツ

2008年に急逝した『ジェラシック・パーク』のマイクル・クライトン。

死後、彼のパソコンから見つかったという海洋冒険譚。

1665年、カリブ海ジャマイカ。

当時、ほとんどスペインの植民地だらけのこの海域で、

唯一、イングランドが牛耳っていたのがここ。

財宝を運ぶスペイン船を襲撃して、お宝を横取りする

私掠行為は本国の国王からも認められていた。

ジャマイカ総督から、難攻不落の要塞島マタンセロスに停泊する

スペイン財宝船の情報を聞かされ、新たな任務を与えられた

私掠船船長ハンターは、腕利きの船乗りたちを集めて

大海原へと繰り出す。

天才的航海士、火薬のエキスパート、驚異的な視力をもつ

男装の麗人(003か?)、冷酷な殺し屋といった

ひとクセもふたクセもある輩をひとりづつ呼び寄せる場面から、

ドンパチあり、クラーケンあり、人食い族あり、

背後での裏切りあり、と、まさに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界。

夏休みの読書に最適。

マイクル・クライトン著、酒井昭伸訳(早川書房)

51tyrgmkibl__sl500_aa300_

|

« 脱帽! | トップページ | 無性に疑問に思うこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/48923039

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ:

« 脱帽! | トップページ | 無性に疑問に思うこと »