« 宮古島土産 | トップページ | スットコランド日記 »

雨の日はソファで散歩

ドイツ文学者であり、評論家、エッセイストの、

没後、一年たってからまとめられたエッセイ集。

怪奇幻想ものなどの著作が多いことから、

昔から注目していた人。

酒、豆腐、温泉、友人たちなど、さまざまな話が

とりとめなく語られる。

意外に無頼な人だった感があるが、

戦前と戦後の価値観の狭間に青春を迎えた、

今はもうない最後のはちゃめちゃ世代の人かもしれない。

乱歩の『芋虫』は、この現実社会に生まれてきたくなかった

永遠の少年の理想世界で、

誰しも年をとって、手足や目や耳が不自由になれば、

戦傷を負わなくても芋虫になり、

他人の介護が必要になる。

思いっきりその世界を享受してみたい。

というくだりには、なるほどと思った。

昔はよくこうした無頼の本を読んだが、

ケータイやiPadなどが現れる今とは

まったく違う、何もなかった世界のことを久しぶりに読んで、

なんだか懐かしい思いになった。

9784480814746

|

« 宮古島土産 | トップページ | スットコランド日記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/49767984

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日はソファで散歩:

« 宮古島土産 | トップページ | スットコランド日記 »