« オカルトテレビ | トップページ | 久しぶりの痛飲 »

吸血鬼

我がテレビ東京で、

ロマン・ポランスキーの『吸血鬼』をやってた。

去年、日本でも再演されたミュージカル

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』の原作。

映画の方は、なんせ1967年の作品なので、

なんともずっこけなホラーコメディだけど、

雰囲気はばっちり。

ある意味、おしゃれな感じがした。

原題にもfearlessとあるように、まったくコワくないけれど、

なんというかな、お決まりだけど空気が怖い。

クロロック伯爵の城の概観はちゃちいけど、

暗くて寒そうな蜘蛛の巣だらけの内部がなんとも素敵。

ポランスキー自身、間抜けな助手役で出演していて、

サラ役のシャロン・テートと、その後結婚したわけだけど、

この映画を作った二年後、テートがカルト教団マンソンファミリーに

惨殺されたのはあまりにも有名な事件。

975753bes

|

« オカルトテレビ | トップページ | 久しぶりの痛飲 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/49861537

この記事へのトラックバック一覧です: 吸血鬼:

« オカルトテレビ | トップページ | 久しぶりの痛飲 »