« 親が死ぬまでにしたい55のこと | トップページ | 山の朝霧 里の湯煙 »

神田古本市

神田の古本市は今日が最終日。

天気も穏やかで、祝日だから、さぞにぎわっていることだろう。

昨日はウィークデイだったせいか、

すずらん通りに出店がなくて、ちょっと残念。

それでも、けっこうな人だった。

なんだ、こんなに本好きはいるじゃないか。

浮浪者が、拾った新聞を読んでいる日本という国。

現在、文盲率ゼロ%なんじゃないだろうか。

それなのに、本を読まないなんて、

絶対、人生損してる。

本を抱えてるって、知的でカッコよくない?

私は昔、そう思ってた。

そんなに読んでるわけじゃないけど、なぜか。

昨日の収穫は和書2冊、洋書2冊。

映画みたいに、喫茶店で本を読みたくなって、

仕上げはタンゴの店ミロンガで、ちょっと休憩。

人混みは嫌いだが、なぜかここの古本市は毎年楽しみだ。

Dsc03295

|

« 親が死ぬまでにしたい55のこと | トップページ | 山の朝霧 里の湯煙 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

残念ながら古本まつりには行けませんでしたが、近所を歩いていたらお気に入りの古本屋さんに若い人がたくさん群がっていました。
ちょっと嬉しい眺めでした。
古本まつり初日には夫の店に出ているバンドの人たちがジャズを演奏する予定だったのですが、台風で中止になってしまったそうで…。
今日は秋晴れでよかったですね。

投稿: Rashisu | 2010年11月 3日 (水) 22時03分

前半は雨ばかりでしたからね。
イベントもいろいろあったようですが、
残念でした。
大規模な古本市でなくても、
街中で本の出店があると
必ず人が群がっているのは
嬉しい光景です。

投稿: konohazuku | 2010年11月 5日 (金) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/49923886

この記事へのトラックバック一覧です: 神田古本市:

« 親が死ぬまでにしたい55のこと | トップページ | 山の朝霧 里の湯煙 »