« 隠す理由がわからない | トップページ | ゼロから始める都市型狩猟採集生活 »

墓場の少年

え? 墓場の鬼太郎?

と、思わず、書店で手に取った。

そのクールな装丁と、

家族を殺され、たったひとり残された赤ん坊が、

墓場で心優しい幽霊たちに育てられる、という内容に、即買い!

赤ん坊はノーボディ(誰でもない)=ボッドと名づけられ、

大昔に死んだ個性的な幽霊たち、

誉れ高き守備隊(オナーガード)に囲まれて育つ。

そして、家族を殺した男=ジャックが、

ボッドの命を狙ってくる。

納骨堂の底のぶきみな世界など、

墓地のなんとも素敵な描写に、

幽霊世界の能力を身につけた少年。

ゴースト、ファンタジーと、大好きな要素をふんだんに

取り入れたジュブナイルもの。

これはいいぞ。大好きだ。

ニール・ゲイマン著、金原瑞人訳(角川書店)

41e0p1xg63l__sl500_aa300_

|

« 隠す理由がわからない | トップページ | ゼロから始める都市型狩猟採集生活 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/49956637

この記事へのトラックバック一覧です: 墓場の少年:

« 隠す理由がわからない | トップページ | ゼロから始める都市型狩猟採集生活 »