« ぐすっ | トップページ | 宇宙飛行士 オモン・ラー »

医者がススメル安楽死

ぎょっとするタイトルだけど、

安楽死といっても、もうちょっと抽象的な意味合いかと思ってた。

が、老いさらばえて、自分で自分の世話ができなくなるようなら、

その時は本当に自ら命を絶ちましょう、という本だった。

現在の医療では、本来なら寿命が尽きた

人間も生かされてしまう。

本人はまったく意識がないのに、

スパゲッティ状態になって、

おりる年金目当ての家族に生かされているという状態の人もいる。

親のミイラと同居して、年金くすねてたおばさんたちと

なんら変わりはない。

無駄な延命治療は必要ないという意見には私も賛成する。

しかし生前、意識がなくなる前に、

自ら安楽死の意思表示をしっかりしておいて、

家族にも納得してもらい、

その時がきたら、安楽死に理解ある医者に

こっそり実行してもらおうというのは

今の日本ではやはりちょっと無理があるのではないだろうか。

死は誰にも予測がつかないし、その時になってみないとわからないし、

人によって考え方も違う。

なんだか、この著者は世の中に対する文句を

並べてひたすらグチッているという感じだった。

確かに、正論ではおっしゃる通りなのだけど、

今の国際情勢や、政治などを見ていると、

正しいことでも必ずしも通らないのが世の常だ。

物理的な死とはまた別の、心的な死について、

考えさせられるが、やっぱりどうしても結論は出ない。

柴田二郎著(新潮社)

41drcqwdy3l__sl500_aa300_

|

« ぐすっ | トップページ | 宇宙飛行士 オモン・ラー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/50126453

この記事へのトラックバック一覧です: 医者がススメル安楽死:

« ぐすっ | トップページ | 宇宙飛行士 オモン・ラー »