« おとしまえ | トップページ | 砒素がごはん »

死体の教科書

約20年前のベストセラー『死体は語る』の

著者による検死のイロハ本。

あの『死体は語る』は読んだ時、すげー本が出たと

驚愕したものだ。

物言わぬ死者たちは雄弁なのだ、という言葉通り、

その死者がいつ、どこで、どうやって死んだのだを

調べるそのノウハウの数々。

これを読むと、どんなにうまく殺人を偽装したとしても、

必ずやばれてしまうだろうとつくづく思う。

上野正彦著(朝日新聞出版)

51ekgujbal__sl500_aa300_

|

« おとしまえ | トップページ | 砒素がごはん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/50190368

この記事へのトラックバック一覧です: 死体の教科書:

« おとしまえ | トップページ | 砒素がごはん »