« 初詣登山 | トップページ | NINE »

第9地区

こんなことをしてる場合ではないのだが、

年末にトチ狂って、TSUTAYAでDVDを

仕入れてしまった。

もともと、ダニーとリンジーの行く末が気になって、

かりたCSI:NYシリーズなのだけど、

なぜか、他にも気になっていた映画を。

返却期限が今日だったので、慌てて観る。

そのひとつがこの『第9地区』。

南ア・ヨハネスブルグの上空に忽然と現れた宇宙船。

攻撃してくるでもなく地上に降り立ったエイリアンたちは、

フツーに人間の生活に溶け込んでいくのだが、

だんだん、原住民(人間)たちのやっかい者になっていき、

ついには難民として、第9地区に隔離されてしまう。.

これって、いわゆる移民問題の揶揄?と思いきや、

後半は一気にスプラッタに突入。

“感染”してしまい、エイリアンへの変身が始まった主人公が、

エイリアンと人間のDNAを合わせもつ研究対象として、

政府機関から追われ、

エイリアンの肉を食うとパワーが身につくと信じる

地元民のギャングに追われるはめになり、

ドンパチになっていく展開に、一気に失速。

毛色の変わったエイリアンものとして

期待していただけに、ちょい残念。

この映画を観た友人にどうだった?と訊いたところ、

うわ言のように“エビが、エビが”と言っていたが、

確かになんだかとってもリアルで気持ち悪いかも。

でも、エビは好きですが。

|

« 初詣登山 | トップページ | NINE »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/50495262

この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区:

« 初詣登山 | トップページ | NINE »