« ライナスの毛布 | トップページ | 不気味な時期 »

シャッターアイランド

何の予備知識も入れないで観てみたが、

結末は予想通り。

ラストシーンは、あれは“わざと”でしょうね。

孤島にある精神病院という設定のせいで、

最初から最後まで全編に漂う雰囲気がコワくて、

けっこう好きですね、こういうの。

結論の解釈はそれぞれあるかもしれないけれど、

トラウマ、妄想、誰しもがもつ暴力性、ロボトミー手術を織り込み、

人間の根源を探るテーマとして、とても興味深い。

性犯罪のように、理性的な更正がかなり難しい場合、

脳の部位に手を加えて、根源から悪癖を絶つロボトミー手術というのは、

効果があるのは確かだろう。

しかし、人間の個性・尊厳を考えれば、

他人が他人を勝手に操作することが、許されるはずがない。

でも、相手が凶悪犯罪者だったら?と思うと複雑だ。

まあ、実際にロボトミー手術をしなくても、

それに近いことをしている国家、もしくは団体が

この世にあるのは現実だけれど。

この映画の原作は、デニス・ルヘインの同名作品だが、

ぱっと思い浮かんだのは、二年くらい前に読んだ

セバスチャン・フィツェックの『治療島』。

こちらもかなり入ってるんじゃないのかなあ。

|

« ライナスの毛布 | トップページ | 不気味な時期 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これはデカプリオが出ているものでしたっけ?
インセプションと近い時期に公開されてたような??
3Dではないんでしたよね?

質問ばかりでm(--)m

投稿: Nobu | 2011年1月17日 (月) 14時23分

そうそう、ディカプリオが出てるのです。
公開はインセプションよりもっと前じゃないでしょうか。
3Dではありません。
まだ、戦争の後遺症が色濃く残る50年代の
静かなるサスペンスです。

投稿: konohazuku | 2011年1月18日 (火) 10時33分

ありがとうございます。

アバターか何かを見に行ったときに、これとインセプションの両方の広告が流れていましたが、きっとこちらを春に、インセプションを夏に公開したのかも?

内容も落ち着いた感じでよさそうですね。

Tポイントが貯まる予定があるので、今度、レンタルしてみようっと(o^-^o)

投稿: Nobu | 2011年1月18日 (火) 10時59分

ありがとうございます。

アバターか何かを見に行ったときに、これとインセプションの両方の広告が流れていましたが、きっとこちらを春に、インセプションを夏に公開したのかも?

内容も落ち着いた感じでよさそうですね。

Tポイントが貯まる予定があるので、今度、レンタルしてみようっと(o^-^o)

投稿: Nobu | 2011年1月18日 (火) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/50611204

この記事へのトラックバック一覧です: シャッターアイランド:

« ライナスの毛布 | トップページ | 不気味な時期 »