« 福島の米 | トップページ | オーケストラ! »

キャンディーズ

キャンディーズのスーちゃんこと、

田中好子さんが亡くなった。

別に特にファンじゃなかったけど、

当時、一世を風靡していたのはリアルに知っている。

スーちゃんは当時はちょっと太ってたので、

どちらかというとミキちゃんの方が好きだったけど、

女優として晩年はとてもきれいで感じが良くて、

55歳なんてまだまだ。

私にも5歳の時からの友人、小学生時代からの友だちがいるが、

長くつきあってきた友だちを失う気持ちはいかばかりだろう。

想像するのも嫌だ。

死に対して、どこか敏感になってしまっている昨今、

これから、こんな悲しいことばかりなのかと思うとたまらない。

|

« 福島の米 | トップページ | オーケストラ! »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

昨日青山方面に出かけたらちょうど告別式をやっていてものすごい人でした

先月、スーちゃんと同じ病気の再発で大学時代の友人を亡くしましたが、かなりショックを受けました

でも一人長生きして誰にも見送られないのも寂しいかもしれないともちらっと思ったりして・・・(;ω;)

地震のせいか、ほんと最近、生死には敏感になってます

投稿: Nobu | 2011年4月25日 (月) 13時03分

新聞で訃報を知ったときは本当に驚きました。
モロ世代ですな(当時は私もミキちゃん応援派。
スーちゃんは優等生すぎるか…センターを蘭ちゃんがとってからのほうが
曲は好きだったわ…)。
乳がんと一口にいっても悪性度によって
予後がかなり違うのだなあ…と改めて思いました。
身近に術後まだ数年の人が複数いるし(うち一人は母方の叔母)
自分も経過観察中なので(来月検査)他人事とは思えん…
う~~~。

と、ここまで書いてたら「田中実」自殺のニュースって…
若いのに!

投稿: うなみ | 2011年4月26日 (火) 11時32分

考えたってどうなるもんでもありませんが、
やはり人の死は辛い。
生き残った者たちがいくら泣いたり、
追悼したりしても、死んだ本人はまったく知らず、
帰ってくるわけでもない。
でも宇宙の中の人間の存在と同じで、
別にたいしたことではないという思いと、
たいしたことすぎる思いが、いつもないまぜ。
昨日の、スーちゃんの最期の言葉には泣きました。
死を覚悟する気持ちはどんなものなのか、
それを思うと。

投稿: konohazuku | 2011年4月26日 (火) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/51490125

この記事へのトラックバック一覧です: キャンディーズ:

« 福島の米 | トップページ | オーケストラ! »