« レクイエムの夜 | トップページ | 切り取れ、あの祈る手を »

深く、暗く、冷たい場所

13歳の少女アリは、屋根裏部屋で古い写真を見つけた。

そこには子供時代の母親と伯母と、もうひとりが

写っているのだけど、もうひとりの少女らしき人物は

破り取られている。

母親も伯母も、“そんな子は覚えていない”と言うばかり。

そして、夏休みに湖のほとりの別荘で過ごすことになった

アリと従姉妹のエマを、恐怖が襲い、

過去に隠された秘密が明らかになっていく。

設定は違うけど、『仄暗い水の底から』を想起させる、

子供が中心の、水をテーマにしたゴーストストーリー。

これ、何歳くらいが対象なんだろう?

子供向けにしてはコワいぞ。

大人だったら、タイトルからしてオチは簡単に読めてしまう、

お馴染みの展開なのだけど、

大人の心に巣くうトラウマとひっかけているところは

ひねりがきいている。

久しぶりに純なゴーストストーリーを読んだという感じ。

メアリー・D・ハーン、せなあいこ訳(評論社)

517rjav4cl__sl500_aa300_

|

« レクイエムの夜 | トップページ | 切り取れ、あの祈る手を »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/51620390

この記事へのトラックバック一覧です: 深く、暗く、冷たい場所:

« レクイエムの夜 | トップページ | 切り取れ、あの祈る手を »