« 豊後森ターンテーブル | トップページ | 読書会 »

本屋さんの奮闘

もう読んだ方も多いと思うが、

翻訳ミステリ大賞シンジケートに、

とある翻訳ミステリ好きの本屋さんの奮闘記が寄せられた。

翻訳ミステリは売れないという説が

いつの間にか定着して久しい。

街の本屋に行っても、翻訳ミステリのコーナーすら

ほとんど見当たらない店が多い。

取次ぎから配本の売れ筋、冊数まで勝手に決められて、

自由に好きな本を仕入れるなんてことはできない中、

この本屋さんは、おもしろいと思った翻訳ミステリを

店に入ってすぐの特等席にどかーんと平積みし、

popを書きまくって、売り上げに貢献した。

やればできるんだよ。

見つからないから買えないだけ。

ちゃんと打席に立たせてやれば、

ヒットを打てる翻訳ミステリはまだまだたくさんある。

奮闘記はまだ後半へと続くが、ずっとダメ出しされてても、

こうやって、ちゃんと見ていて(読んでいて)

尽力してくれる本屋さんもいるんだ。

と思うと涙なくしては読めない。

と同時に、おもしろい本を、いい本を

翻訳者、編集者、その他関係者全員で、

全力をこめて送り出さなくてはいけないと思う。

(前編)http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20110610/1307659249

(後編)http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/

|

« 豊後森ターンテーブル | トップページ | 読書会 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/51904923

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋さんの奮闘:

« 豊後森ターンテーブル | トップページ | 読書会 »