« 夜の真義を | トップページ | 肝試しビアガーデン »

エベレスト登頂請負い業

三浦雄一郎、野口健、渡邉玉枝など、

さまざまなクライマーとエベレスト登頂を共にした

フリーカメラマンの同行記。

いつもあのすばらしい山の映像をテレビで見て、

カメラマンは山登りと、重い機材を担いでの撮影を

同時にこなさなくてはならなくて

大変だなあ、と思っていたものだ。

写す側として、ただのクライマーと

どういう違いがあるとか、

何かもっとへえ・・・・という話が出てくるのかと思ってたので、

わりと普通の登攀記だったのが、少し物足りなかったか。

クライマーと、カメラマンのふたつの顔をもつ人が

自分のための山登りは、どうするのかという部分は

興味深かった。

しっかし、あの死の山エベレストですら、

近年は登山者で渋滞し、道が詰まって

後ろの者がイライラするとは。

まるでそこらへんの山と同じじゃないか、と思うと

なんだかヘンな気分だ。

村口徳行(山と渓谷社)

171690

|

« 夜の真義を | トップページ | 肝試しビアガーデン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/52205160

この記事へのトラックバック一覧です: エベレスト登頂請負い業:

« 夜の真義を | トップページ | 肝試しビアガーデン »