« 忘れてはいけない | トップページ | 山椒 »

いつの時代も同じ?

この時期なので、戦争に関するテレビ番組が多い。

アメリカの原爆投下は寝耳に水の話ではなく、

軍の上層部は事前に知っていた、という番組をやっていた。

アメリカ側の奇妙な電波信号をキャッチしていて、

何か今までとは違う攻撃があることは予測できたはずなのに、

空襲警報も出さなかったし、迎撃することもなかった。

結果、大勢の無辜の人たちが死んだ。

もちろんは形は違えども、同じこと繰り返してない?

いつの時代でも、庶民というものは

何も知らされず、嘘をつかれて、犠牲になっていくもの。

それはどんな民主国家だろうと

政治的な理由から大なり小なりそういうことがあるのはわかる。

某隣国や、その他独裁国家ほどではないにしても、

別の意味での言論統制はあるし、

別の意味で、実際に見殺しにされることもある。

せめて、おかしいことはおかしいと、

声をあげる力だけは、つぶされたくない。

それが、ムダだとわかっていたとしても。

|

« 忘れてはいけない | トップページ | 山椒 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/52412364

この記事へのトラックバック一覧です: いつの時代も同じ?:

« 忘れてはいけない | トップページ | 山椒 »