« 打楽器アンサンブル | トップページ | 人間のサガ »

そして、半年

バカというより、感覚のズレまくった某経産相が

“死のまち”だの、“放射能をうつす”だの口走って、

案の定、辞任に追い込まれた。

本人はなぜ、辞任するはめになったのか、

たぶんわかってないのだろう。

こういう輩が、率先して復興の陣頭指揮を執らなくてはならないはずの

政府の一員かと思うと、復興がちっとも進まないのもよくわかる。

結局、他人事なのだ。

そりゃ、誰だって被害にあわなかった人にとっては

対岸の火事かもしれない。

かわいそうだね、と言って、ちょっと寄付して

それでおしまい。

勇気をもって前向きに頑張ってと、多くの人は言う。

当事者にしてみたら、きれいごと。

本当の苦しみなんて、あんたたちにはわからない、と

いうのが本音だろう。

それでも、無力な私たちは、この悲劇を脳裏に刻みつけて記憶し、

語り継ぎ、忘れないことはできる。

被災者の壮絶な苦しみを想像し、思いやることができる。

そして、生きている限り、きっと希望をもてる。

それが、人間だから。

|

« 打楽器アンサンブル | トップページ | 人間のサガ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/52700355

この記事へのトラックバック一覧です: そして、半年:

« 打楽器アンサンブル | トップページ | 人間のサガ »