« ゾンビランド | トップページ | アフリカ・中東3女性 ノーベル平和賞 »

メトロポリス

1927年製作のサイレントムービー。

摩天楼そびえたつ文明が発達した未来都市。

実は、支配者階級が地上を牛耳り、

労働者階級が地下で過酷な労働を強いられる

二極分化社会だった。

そんな中、支配者階級の息子フリーダーは、

労働者階級の娘マリアと恋に落ちる。

マリアは労働者たちにこの階級社会の矛盾を説いていて、

地下ではストライキの機運が高まっていた。

それを危惧したフリーダーの父親は、

科学者のワトリングに、マリアとそっくりのアンドロイドを作って

地下へ送り込み、労働者たちの気運をそごうと計画する。

それが、大暴走になっていき・・・・・

大昔のモノクロサイレント映画なので、

例のスタタタタ・・・・という、

ものものすごく速いいちょこまか走りや、

オーバーアクションが笑えるけれど、

あの当時の映画としては、とても斬新。

のちのSF映画に与えた影響は計り知れない。

もちろん摩天楼や工場の機械など、

今の映画とは比べ物にならないくらいちゃちいけど、

それが、一種モダンアートのよう。

テレビ電話が出てくるのには驚いた。

それに、エキストラの人数のすごさ。

今だったら、コンピュータで、

大群衆などいくらでも簡単に作れるけど、

当時としては、現場はすごいことになっていたのではないか。

そのエキストラたちの顔が、これまたホラー映画のようにコワいのだ。

マリア役の女優も、人間のマリアの時と、

アンドロイドのマリアの時と、ぜんぜん演技が違ってすごい。

今の映画を見慣れていると、ちとまどろっこしいのも確かだけど、

不朽の名作のひとつであることは間違いないと思う。

『スターウォーズ』のC-3POは、

マリアアンドロイドの影響をもろ受けてるし、

クイーンの『ラジオ・ガ・ガ』のビデオにも

映像が一部使われているので、

ご存知の方も多いでしょう。

「脳と手の媒介者は心でなくてはならない」

という言葉は、あらゆることに通用する名言。

|

« ゾンビランド | トップページ | アフリカ・中東3女性 ノーベル平和賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/52937013

この記事へのトラックバック一覧です: メトロポリス:

« ゾンビランド | トップページ | アフリカ・中東3女性 ノーベル平和賞 »