« 新カメラ | トップページ | 大江戸骨董市 »

バンドワゴン

大好きだった映画。

家にビデオがあったので久しぶりにちら見してみた。

ダンスの帝王フレッド・アステアとシド・チャリシ主演の

1953年公開ミュージカル。

やっぱり、おもしろい。

文字通り夢の世界に連れて行ってもらえる。

ダンスのすばらしさ、歌の楽しさ、衣装の美しさ、

シド・チャリシの足の美しさ、ウェストの細さ、

何もかもがうっとり。

フレッド・アステアという人、

そこらへんに突っ立ってるとただのチンケなおっさんなのだけど、

踊り出すと、背が高く見え、うっとりするほどカッコいい。

スーツやドレスでびしっときめて、

タバコもスパスパというシーンは、

もう今は流行らないけれど、

やはり、まぎれもなくひとつの時代の文化だった。

出演者はもうみんな死んでしまい、時代も流れたけれど、

こうして、限りなく永遠にその姿は残っていく。

不朽の名作であることは間違いない。

ミュージカルを作らせたら、

アメリカ人の右に出る者はいない、とつくづく思う。

Cimg0025

|

« 新カメラ | トップページ | 大江戸骨董市 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/53109283

この記事へのトラックバック一覧です: バンドワゴン:

« 新カメラ | トップページ | 大江戸骨董市 »