« ロンドン路地裏の生活誌 | トップページ | ゾンビランド »

エンジェル・ウォーズ

どーせ、ゲーム感覚のくだらん映画だろうふんでたけど、

私のスコット・グレンが出てるというので観てみた。

母親が死んで、財産を受け継ぐことになった姉妹。

ところが、それを不服に思う継父が、

姉をはめて、精神病院送りに。

キーワードのものを集めれば、

逃げ出せるというシチュエーションになっていくのは、

まあ、ゲームの世界かという予想はつくのだけど、

最初に啓示を受ける場面が、

もろ日本をデフォルメしたわっけわかんない場面。

そのうち、入れられたはずの精神病院が、

女を売り物にする女衒が牛耳るクラブになり、

いわゆる売春宿に囲われたかわいそうな女たちが

結束して逃げ出すために戦う。

キーワードのものを得るために戦う場面は、

すべてクラブで客に見せるダンスという形で

描かれており、

ダンス=戦闘場面では、私のスコットが

女たちを助け、指南する役で登場する。

悪徳継父や、精神病院の管理者が、

戦闘の敵、女を食い物にするクラブの支配者として

それぞれ変容を見せている。

想像してたエンディングとは違い、

侮って観ていたのに、うまく言えないけどなかなか哲学的ですた。

50~60年代のつけまつげバサバサメイクや雰囲気が、

妙に映像的によかった。

最後のキーワードはあなた。

自由のために武器をとって戦え、という言葉は、

すべてに言えることでは。

スコットはもう、悲しいくらいしわしわのジイちゃんなのだけど、

そのジイちゃんが、若い子たちを助ける図。

この映画の中で、それこそすごく重要なキーだった。

意外に感心しますた。

クイーンの曲も使われていたし。

個人的にはロケットちゃんが好き~

|

« ロンドン路地裏の生活誌 | トップページ | ゾンビランド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

3Dで映画館で見たよ~

そうそう、日本の戦国時代みたいな世界が出てきましたね
ゲームらしいのですがよく分からず・・・

おじいさんが少女達を指揮するの、おもしろかったです(笑)

あのつけまとか、東京かわいい、なんですかね?(なんとなく日本っぽいファッション!)

最後は確かに哲学的でしたね

あの逃がしてあげた友人がバスに乗るシーンも印象深かったわ~

投稿: Nobu | 2011年10月 7日 (金) 01時47分

やっぱ、あれ3Dだったんですね。
劇場に観に行こうかと思ったのだけど、
迷ってるうちに終わっちゃいました。
ハリウッド的に、全員脱出成功という
結末になるただのお気楽ドンパチものかと
思っていたのだけど、わりに奥が深かった。

投稿: konohazuku | 2011年10月 8日 (土) 11時01分

ごめん、3Dではなかったです

ワーナーブラザーズは3Dにするつもりだったけど監督サイドだかで2Dになったとか(^^;;)

アイマックスシアターのハイビジョンで見たので、2Dでもかなり濃度の高い映像で迫力ありました!

ドラゴンが出てくるのは必ず3Dになる最近ですけどね

そしてメガネも買取制になってます(笑)

投稿: Nobu | 2011年10月 8日 (土) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/52925695

この記事へのトラックバック一覧です: エンジェル・ウォーズ:

« ロンドン路地裏の生活誌 | トップページ | ゾンビランド »