« あっぱれ、大親友 | トップページ | 命日 »

事実婚 新しい愛の形

別に目新しい話題ではないけれど、

まだ、事実婚という言葉を知らない人もいるらしい。

要するに法的な届けをしないゆるい結婚のこと。

同棲と言ってしまえば、それまでなのだけど、

事実婚は、金銭面、財産面、子育て、家事などの

共有部分と、独立部分をしっかりとふたりで話し合って、

すみ分けしていく。

フランスなどでは、シングルマザーでも

社会保障の手厚い保護があり、

子供は社会で育てるという感覚があるため、

従来の結婚の形にこだわらない人が多い。

そのため、出生率が伸びている。

著者は、少子化が深刻化している日本にも

ぜひ導入・周知するよう勧めている。

女性が姓を変えなくていいなどのメリットがある反面、

日本ではまだ法的に認められていないため、

法的結婚では発生しない、子供や財産の問題に加えて、

周囲の目などの感情的な問題などもあり、

このようなデメリットもしっかりあげてある。

事実婚を法的に認めると離婚や不倫が増えるなどと

おかしなことを言って反対している輩もいるようだが、

法的結婚をしていたって、破綻している夫婦は多い。

要はふたりの間の問題。

好きな相手と生活を築いていく意気込みの度合いであって、

結婚の形なんてなんだっていいと思う。

相手に一方的におんぶにだっこではない

独立した大人同士の結びつきは、

法律で云々されるものではない。

法的結婚をしている夫婦だって、

自分に問うてみるべきではないか。

男が女を養うもの、結婚したら一生安泰というような

思い込みがあるのなら、打破するべきだろう。

渡辺淳一(集英社新書)

41ydkjwsvwl__sl500_aa300_

|

« あっぱれ、大親友 | トップページ | 命日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/53323221

この記事へのトラックバック一覧です: 事実婚 新しい愛の形:

« あっぱれ、大親友 | トップページ | 命日 »