« 本が崩れる | トップページ | こんなものがあった »

ジャック・ルーシエ

昔、ジョージ・シアリングの

『アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ』を探していた時、

偶然、見つけて惚れこんだ

『プレイ・バッハ』のジャック・ルーシエトリオ。

バッハの曲をピアノ、ベース、ドラムのトリオで

ジャズにアレンジしたもので、以来、聞き続けている。

来日コンサートにも行った。

先日、映画『英国王のスピーチ』を観た時、

ラストにかかっていたのが、

ベートーヴェンの交響曲第七番第二楽章。

ショーン・コネリーとシャーロット・ランプリングの『惑星ザルドス』、

ファンタジックな『落下の王国』

など他の映画でもよく使われているので、

耳にした人も多いと思うが、

なんとも悲しく美しい葬送曲で、深く胸に刻み付けられる旋律。

こちらが原曲↓

http://www.youtube.com/watch?v=o6X15CuTUeY

で、この旋律をテーマに、

ジャック・ルーシエが10曲のバリエーションを作り、演奏している。

そのCDが欲しくて探したが、

なんせもう古いので、中古しかなく、

しかも最初、ものすごい高値がついていた。

で、円高を利用して、密林UKからやっとゲット。

同じテーマで10曲もあると、飽きるんじゃないかと思ったが、

なんともすばらしい。

ピアノソナタ『月光』の一楽章の主題から、

つながっていくアレンジも舌を巻く。

4141zxr8zyl__sl500_aa300_

|

« 本が崩れる | トップページ | こんなものがあった »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/53159078

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ルーシエ:

« 本が崩れる | トップページ | こんなものがあった »