« 納品してきた | トップページ | にゃんとも »

どくとるマンボウ航海記

先日亡くなった杜さんの本。

大ヒットしたから、もうおなじみでしょう。

やっぱりおもしろいねえ。

もう50年以上前の船出の話で、

立ち寄る外国の国々や、通貨、

その他のこともだいぶ古い話なのだけど、

なぜか、とても新鮮なのだ。

今だったら、おそらく活字にしないだろう

禁止用語も満載で、それが却って小気味いい。

本当に自分が船に乗って、

陽気だったり、陰鬱だったりする外国の港町に

降り立っている気がする。

陳腐な言葉で言うと、とてもロマンあふれてる。

どちらかというと山派だが、

海の旅情、海のぶきみさには、切なく惹かれる。

まだ誰も知らない航路をたどった先人たちは、

どういう思いで、荒海に乗り出したのだろう。

“彼らの前には迷信に包まれた暗黒だけ”というのは

まさにそのと通り。

何がいるかもわからない、死ぬかもしれない、

でも見てみたい。

たぶん実際には、怖くて行かないけど、死ぬほど共感できる。

うまく言えないが、

すうっと胸が落ちていくような感覚。

この本を読んでいると、

怖いけれど、惹きつけられて、吸い込まれていくような

別世界に連れて行ってもらえる。

北杜夫(中公文庫)

51gehwbjfl__bo2204203200_pisitbstic

|

« 納品してきた | トップページ | にゃんとも »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

北杜夫って誰でも一時期はまると聞いていて、やはり自分も高一ぐらいのときにはまりました(そして友人もはまってた(笑))

何かの短編で「牧神の午後」を取り上げてたのをきっかけにドビッシーやラベル聞いたりしたのもなつかしいです

もう一度読んでみたいなぁ~♡

投稿: Nobu | 2011年11月18日 (金) 00時29分

ずっと前に読んだはずなんですが、
読み直してみて、かなり新鮮でした。
世俗の諸々がバカバカしく思えるほど。

投稿: konohazuku | 2011年11月19日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/53269286

この記事へのトラックバック一覧です: どくとるマンボウ航海記:

« 納品してきた | トップページ | にゃんとも »