« こんなものがあった | トップページ | ショックというか、やっぱり »

権力にダマされないための事件ニュースの見方

ワイドショーとかによく出てるジャーナリスト

大谷昭宏さんとの対談形式国家論。

裁判所、警察、検察など、国家権力の裏側を語る。

庶民向けに報道されているような、

いい話ばっかりじゃないですよ、という

だいたい想像がつく話。

そりゃ、当たり前だよね。

国民の前で正直に全部語るわけないじゃない。

要は「国家が何かをしてくれるもの」という幻想は抱かず、

自分の頭で考えろ、ということ。

ま、庶民にそれが正しくできれば、

問題はないわけなのだけど。

大谷昭宏、藤井誠二(河出書房新社)

41iobqmkibl__ss400_

|

« こんなものがあった | トップページ | ショックというか、やっぱり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/53192097

この記事へのトラックバック一覧です: 権力にダマされないための事件ニュースの見方:

« こんなものがあった | トップページ | ショックというか、やっぱり »