« ヒアアフター | トップページ | あけおめです »

回顧

新聞を読み、ニュースを見ては、

目を真っ赤にはらしてばかりの年だった。

多くの人が突然命を奪われ、

まだ、3000人以上もの人が見つかっていない。

生き延びた人たちも、家も職も失い、

人生がまったく変わってしまった。

いくら自然が相手だからといって、あまりにむご過ぎる。

人類はこんなことを何度繰り返してきたのだろう。

知識も、能力も、度胸もなく、

何の役にもたたない無力な自分の虚しさを

つくづく思い知らされた。

今年は本業以外のことも、

何もかもうまくいかず、すべてに背を向けられ、

自分の存在価値を否定されたような年だった。

それに加えて、いつどこで死ぬかもしれないという恐怖。

多少なりとも自分を必要としてくれる

大切な人たちが逝ってしまったら、

ひとりぼっちになってしまうという孤独感。

今年の惨禍で、人間の両面を感じた。

いつだって名もない人たちが、黙々と頑張っている。

人間って捨てたもんじゃない、いいものじゃないかと

思わせてくれるのは、こういう人たちの言動だ。

その反面、人の善意を踏みにじる詐欺や、

相変わらず他人事の政府、責任のなすりつけあいなど、

利害が絡んだ人間の醜い面も浮き彫りになった。

鏡のように、切っても切れない人間の美と醜は、

答えの出ない永遠のテーマ。

これからも、これを掘り下げた本をぜひ見つけたい。

今年、いろんな場面で繰り返し耳に入ってきた言葉。

“あきらめない”

低空飛行してると、墜落しても死なないだろうが、

来年は龍の如く、も少し上昇できるよう、

あきらめないで、いきたい。

自分のモービィ・ディックとの戦いはまだまだ続く。

北国に旅立った大親友のように、

まだ見ぬ未来を楽しみと考えることにしよう。

こんなうじうじとクラい年だったけど、

一年間やっぱりこの子に笑わせてもらいました。

F11100306

いつも、へんなモノを被らされても動じない

かご猫ブログ(http://kagonekoshiro.blog86.fc2.com/)のシロくん。

F11123102

来年はいい年になりますように、

願ってやみません。

皆さま、よい、お年を。

|

« ヒアアフター | トップページ | あけおめです »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ほんと、今年はいろいろあって疲労困憊しましたが、来年はもう少し明るい兆しが見えるといいですね…

良いお年をお迎えください♪

Bonne Annee☆彡

投稿: Nobu | 2011年12月31日 (土) 15時03分

辰年は経済は上昇する傾向にあるらしいですから、
なんとか期待しましょう。

投稿: konohazuku | 2012年1月 4日 (水) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197391/53614377

この記事へのトラックバック一覧です: 回顧:

« ヒアアフター | トップページ | あけおめです »